通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Microsoft Windows 3.0

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト・ウィンドウズ・さんてんゼロ
外語:Microsoft Windows 3.0 英語
品詞:商品名
2002/10/25 作成
2010/01/26 更新

1990(平成2)年に登場したMicrosoft Windowsで、世の多くのパソコンユーザーに対し、Windowsの存在を知らしめた最初のバージョン。

GUI

Windows 3.0自体はオペレーティングシステムではない。

Windows 3.0はMS-DOSから起動するGUI環境を提供するアプリケーションという位置づけである。

また、OSレベルではネットワークに対応していない。

バージョン

Windows 3.0には、初期版と、AおよびBの改良版がある。後継は3.1である。

プロテクトモード対応

Windows 3.0最大の特徴は、プロテクトモードに対応したことである。

80286のプロテクトモードに対応した動作モードがスタンダードモード、i386のプロテクトモードに対応した動作モードが386エンハンスドモードである。

また互換性のために従来のWindows 2.0と同様にコンベンショナルメモリー(640Kiバイト)のみを使用するリアルモードが残された。

3つの動作モードは、起動時に自由に選択可能である。

80286対応

Windows 3.0は、i386だけでなく80286もサポートした。

Windows 2.0までは、8086を主たる対象としていたため、640Kiバイトを超えるメモリーはハードウェアEMSを用いる以外になかった。この動作モードを、リアルモードという。

80286以降ではプロテクトモードが採用されたため、Windows 3.0ではこの機能に対応した。

80286のプロテクトモードを使うにあたり、i386を前提とした従来のVCPIでは対応できなかったために、非互換の新規格DPMIを登場させることとなった。

UAE

Windows 2.0と比較し、システムの安定性能などは大幅に向上したとはいえ、なお「回復不可能なアプリケーションエラー」、英語名は「Unrecoverable Application Error」、略称「UAE」が多発するという弱点があった。

しかも、このUAEというネーミングから、当時UAEではWindowsが使用禁止になったという逸話もある(UAE=the United Arab Emirates:アラブ首長国連邦)。

アンチ

当時は80286マシンが主流でありマシンパワーが絶対的に不足していて、Windows自体とても動作が遅かった。

加えて、SVGA以上の高解像度に対応していない、画面が格好悪い等の理由でマニア系パワーユーザーには受け入れてもらえず、この頃からWindows嫌い派が大発生しだした。

後継のWindows 3.1の頃になるとマシンパワーにも向上が見られ、日本でもWindowsが広く使われるようになった。このため、Windows 3.0は登場が早すぎた、という説もある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club