通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

djbdns

辞書:電算用語の基礎知識 サーバー編 (PNSVR)
読み:ディージェイビーディーエンエス
外語:djbdns 英語
品詞:固有名詞
2001/08/22 作成
2011/02/08 更新

DNSサーバーの実装の一つ。djbの作であり、djb教徒が使う。

セキュリティ命のdjb教であるので、その設計も独特で、かつ徹底している。一切の妥協はない。

BINDでは全てが一つとなっているが、djbdnsはDNSコンテンツサーバーとDNSフルサービスリゾルバーが完全に分離されている。

これまでにセキュリティホールは、DNSキャッシュ汚染攻撃が可能な件、一件のみしか発見されていない。

現時点での最新版は以下の通りである。

構成

djbdnsは、主に次の四つのプログラムで構成されている。

  • tinydns
    • DNSコンテンツサーバーである。
  • axfrdns
    • ゾーン転送を行なうプログラムである。tinydnsと併用され、セカンダリDNSからのゾーン転送要求に応答する。
  • axfr-get
    • ゾーン転送を要求するプログラムである。
  • dnscache

このほかにも、walldnsやrbldnsといったデーモンがある。

補足

djbdnsは古いソフトウェアであり、2001(平成13)年にdjbdns 1.05がリリースされて以降、更新はない。

このため、新しい機能などには対応していない。

  • IPv6に対応していない
  • DNSSECに対応していない

対応するためのパッチは存在するが、djbdnsに本来ある堅牢性が維持される保証は無い。

結果として、現在では機能不足は否めず、将来性も無いものと思われる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club