通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ls

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:エルエス
外語:ls: LiSt 英語
品詞:商品名
2012/07/08 作成
2014/03/20 更新

UNIXにおいて、ディレクトリにあるファイルなどをリスト表示するコマンド。

UNIXやLinuxでは /bin/ls に標準のlsが置かれている。

MS-DOSのdirコマンドに相当するが、lsはUNIX用に作られているため、パーミッション、所有者、グループなどの情報が表示される点が特徴といえる。

またLinuxでは、GNU coreutilsに/usr/bin/dirや/usr/bin/vdirというハードリンクがあり、dirで「ls -C」、vdirで「ls -l」として動作する。同様の動作をするように、aliasを用意することもある。

表示

単にファイル名のみを表示するモードと、ファイル名に加えて様々な情報を表示するlongモード(あるいはリストモード)がある。

longモードは、-lオプション(Linuxのlsでは--format=longオプションも可)で利用でき、このモードでは、ファイル・タイプ、アクセス権、ハードリンクの数、所有者名、グループ名、バイト単位のサイズ、タイムスタンプが合わせて表示される。

以下は、運用中のFreeBSD 9.0での表示例。

> ls -l
total 51
-r--r--r--   1 root  wheel  6199 Apr  6 22:03 COPYRIGHT
drwxr-xr-x   2 root  wheel  1024 Apr  6 22:03 bin
drwxr-xr-x   8 root  wheel  1024 May 31 00:07 boot
drwxr-xr-x   2 root  wheel   512 Apr  6 20:51 cdrom
lrwxr-xr-x   1 root  wheel    10 Apr  6 21:01 compat -> usr/compat
dr-xr-xr-x  45 root  wheel   512 May 31 00:12 dev
drwxr-xr-x   2 root  wheel   512 Apr  6 20:51 dist
-rw-------   1 root  wheel  4096 May 31 00:11 entropy
drwxr-xr-x  20 root  wheel  2048 May 28 00:37 etc
lrwxr-xr-x   1 root  wheel     8 Apr  6 23:36 home -> usr/home
drwxr-xr-x   3 root  wheel  1536 May 31 00:08 lib
drwxr-xr-x   3 root  wheel   512 Apr  6 22:03 libexec
drwxr-xr-x   2 root  wheel   512 Jul 19  2010 media
drwxr-xr-x   2 root  wheel   512 Jul 19  2010 mnt
dr-xr-xr-x   2 root  wheel   512 Jul 19  2010 proc
drwxr-xr-x   2 root  wheel  2560 May 31 00:08 rescue
drwxr-xr-x   4 root  wheel   512 Apr  8 23:57 root
drwxr-xr-x   2 root  wheel  2560 May 31 00:08 sbin
lrwxr-xr-x   1 root  wheel    11 Jul 19  2010 sys -> usr/src/sys
drwxrwxrwt   6 root  wheel   512 Jul  8 22:31 tmp
drwxr-xr-x  18 root  wheel   512 Apr  6 23:36 usr
drwxr-xr-x  26 root  wheel   512 May 31 00:12 var
drwxr-xr-x  12 root  wheel   512 May 27 21:25 www
>

日付の後は時間または西暦年が表示される。ファイルの日付が、6ヶ月以上前または1時間以上後の場合に、lsコマンドは時刻の代わりに年を表示する。

ファイル・タイプ

ファイル・タイプは、longモードで最初に表示される10桁の英字または-からなる記号列の、一番最初の文字である。

  • d … ディレクトリ
  • b … ブロック型特殊ファイル
  • c … 文字型特殊ファイル
  • l … シンボリックリンク
  • p … FIFO (名前つきパイプ)特殊ファイル
  • s … AF_UNIXアドレス・ファミリ・ソケット
  • - … 通常ファイル

独自に拡張されたシステムでは、これ以外が存在する可能性がある。

アクセス権

ファイル・タイプは、longモードで最初に表示される10桁の英字または-からなる記号列の、2文字目以降である。

つまり全部で9桁がある。これは、最初から3桁ごとに、同じUIDのユーザー、同じグループ、その他のユーザーであり、各々、読み込み/書き込み/実行の可否を表わしている。

  • 同じUIDのユーザー
    • 2文字目 r/読み込み
    • 3文字目 w/書き込み
    • 4文字目 x/実行
  • 同じグループ
    • 5文字目 r/読み込み
    • 6文字目 w/書き込み
    • 7文字目 x/実行
  • その他のユーザー
    • 8文字目 r/読み込み
    • 9文字目 w/書き込み
    • 10文字目 x/実行

許可は、次のように表示される。

  • r … ファイルが読み取り可能
  • w … ファイルが書き込み可能
  • x … ファイルが実行可能 (ディレクトリなら、そのディレクトリにアクセス可能)
  • - … 指定された許可は認めらていない

また、ファイルには特殊なアクセス権が存在し、この場合は各アクセス権のセットの3文字目(実行権の欄)に、次のように表示されることで示される。

  • s … setuidまたはsetgidが設定されており、かつ対応する実行ビットが設定されている
  • S … setuidまたはsetgidが設定されているが、対応する実行ビットが設定されていない
  • t … stickyとその他のユーザーに対する実行ビットが共に設定されている
  • T … stickyが設定されているが、その他のユーザーに対する実行ビットが設定されていない
  • x … 実行ビットは設定されているが、上のどれも適用されていない
用語の所属
/bin
busybox
toolbox
LS
関連する用語
UNIX
sl

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club