通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

脱庭

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語掲示板編 (CZBBS)
読み:だってい
読み:だつてい
読み:だつにわ
品詞:さ変名詞
2008/08/18 作成
2009/09/29 更新

auを解約し、他のキャリアに移行すること。電話番号が変わっても良いならPHSでも構わない。

auの回線網はもはや限界に達しており、これ以上大量のパケットをやりとりする負荷には耐えられない。

このため、コンテンツのサイズはそれぞれ小さく制限されており、リッチなサービスを提供することが出来ないのである。

のみならず、EZweb接続サービスさえ満足に接続できないWeb規制まで始めるに至り、auを使い続けることに魅力がなくなったと感じる者が増え、解約者が増えた。

語源

auは、「auの庭で。」というキャッチコピーを使い始めたが、この庭から逃げるという意味で、脱庭と表現されるようになった。

脱庭の初出は定かではなく、読み方すら不明であるが、おそらくは2ちゃんねる用語なのだと考えられる。

脱庭先

現時点では、au以外の携帯電話、PHSキャリアは次の通り。

ソフトバンクモバイルは、auと同様に回線の逼迫でトラブル続出となっているため、auに不満の顧客を満足させられるとは考えにくい。

イー・モバイルについては、その潜在能力は不明である。現時点ではサービスエリアはかなり限られているため、網の帯域の限界を言うほどは困窮を極めていない可能性が高い。

WILLCOMはPHSで、ISDNの派生であるが、無線部の高速化と網のIP化を進めており、将来に期待が寄せられている。

関連する用語
au
脱茸
脱禿
脱獄

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club