通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

透過型キャッシュ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:とうかがたキャッシュ
品詞:名詞
1999/07/10 作成
2006/12/13 更新

HTTPのリクエストをレイヤー4スイッチを用いて横取りし、データをキャッシュすることで効率的なアクセスができるようにした仕組み。

ファイアウォールがなくとも使われることがある。技術的には透過型プロクシーの一種である。

ユーザーは特に設定せずとも効率的なアクセスが可能という利点もあるが、アクセスカウンターやクリックする広告の類の物には反応しないという欠点もある。

また、普通のポート番号(80/tcp)以外を使ったHTTPには無効である。

なおプロバイダーなどが顧客に無断で透過型プロクシーを導入するのはアクセス先の監視に繋がるため、プライバシーの侵害になるという考えもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club