通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CJK統合漢字拡張B

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:スィージェイケイ・とうごうかんじ・かくちょう・ビー
外語:Ext-B: CJK Unified Ideographs Extension B 英語
品詞:名詞
2002/04/15 作成
2010/05/11 更新

UnicodeISO/IEC 10646補助漢字面(SIP)領域にある漢字文字領域の一つ。また、そこにある漢字のこと。

Unicode 3.1から追加された領域と文字である。

ISO/IEC 10646では、ISO/IEC 10646-2:2001から対応した。

UROExt-Aと、このExt-Bを合わせれば康熙字典の文字が揃うとされる。

Macintoshでは、Mac OS X 10.1から対応した。

領域

補助漢字面(SIP)の、U+20000〜U+2A6DFの範囲が予約されている。

文字が定義されているのは、次の範囲である。

  • U+20000〜U+2A6D6 (42,711文字) Unicode 3.1〜5.2.0

U+2A6D7〜U+2A6DFの範囲は、未定義のままとなっている。

問題

4万字以上が追加され、Unicodeで扱える漢字が一気に増やされたが、複数の重複字が指摘されている。

このため、拡張C以降は反省として、一気に増やすのではなく少しずつ増やすよう方針を変更した。

重複

例示字体は若干異なるが、Unicodeの基準で包括の範囲内と思われる組み合わせは次の通り。

  • U+20727 と U+20730
  • U+22D47 と U+22D4E
  • U+24BD2 と U+2A415

CJK互換漢字と重複して追加されてしまったと見られる文字は次の通り。

  • U+FAA4 と U+24E04

その他、CJK統合漢字で統合されたが、拡張B以降で分離されたグリフ(特に台湾関係)もある。これは枚挙に暇がない。

  • U+5668 と U+20F96
  • U+6B04 と U+237EC
  • U+7468 と U+24A01
  • U+7C06 と U+25C83

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club