通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CJK統合漢字拡張D

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:スィージェイケイ・とうごうかんじ・かくちょう・ディー
外語:Ext-D: CJK Unified Ideographs Extension D 英語
品詞:名詞
2009/03/12 作成
2011/06/28 更新

UnicodeISO/IEC 10646補助漢字面(SIP)領域に追加された漢字文字領域の一つ。また、そこに追加された漢字のこと。

Unicodeでは、Unicode 6.0.0から対応した。

ISO/IEC 10646では、ISO/IEC 10646:2011から追加された。

2009(平成21)年5月21日にProposed Draft(n3658)で223字が公開され、Summary of repertoire for FDAM8(n3838)で1字が削られ222字となった。これが最終的に採用されている。

領域

補助漢字面(SIP)の、U+2B740〜U+2B81Fの範囲が予約されている。

文字が定義されているのは、次の範囲である。

  • U+2B740〜U+2B81D (Unicode 6.0.0) (222文字)

由来

この文字は元々Ext. Dとして提案されていたものではなく、UNC(Urgently Needed Character)としてIRGで審議されていた文字である。

IRGN1554 UNC V4.0のうちM Setの233文字がN3560としてそのままWG2に提案されたもので、N3604でこれをExt. Dとして収録することに決定した。このうちUNC-074(JH-IB0680)の1字は統合可能とされ削除され、222文字がExt. Dとして追加されている。

Urgently Needed Characterを訳せば「緊急に必要な文字」となる。名称の通り使いそうな文字が集められているが、康熙字典や諸橋大漢和辞典の電子化のために必要な文字とは若干離れている。

これに伴い、従来Ext. Dとして提案されていたものはExt. Eとして継続審議となった。

一覧

番号0123456789ABCDEF
2B740𫝀𫝁𫝂𫝃𫝄𫝅𫝆𫝇𫝈𫝉𫝊𫝋𫝌𫝍𫝎𫝏
2B750𫝐𫝑𫝒𫝓𫝔𫝕𫝖𫝗𫝘𫝙𫝚𫝛𫝜𫝝𫝞𫝟
2B760𫝠𫝡𫝢𫝣𫝤𫝥𫝦𫝧𫝨𫝩𫝪𫝫𫝬𫝭𫝮𫝯
2B770𫝰𫝱𫝲𫝳𫝴𫝵𫝶𫝷𫝸𫝹𫝺𫝻𫝼𫝽𫝾𫝿
2B780𫞀𫞁𫞂𫞃𫞄𫞅𫞆𫞇𫞈𫞉𫞊𫞋𫞌𫞍𫞎𫞏
2B790𫞐𫞑𫞒𫞓𫞔𫞕𫞖𫞗𫞘𫞙𫞚𫞛𫞜𫞝𫞞𫞟
2B7A0𫞠𫞡𫞢𫞣𫞤𫞥𫞦𫞧𫞨𫞩𫞪𫞫𫞬𫞭𫞮𫞯
2B7B0𫞰𫞱𫞲𫞳𫞴𫞵𫞶𫞷𫞸𫞹𫞺𫞻𫞼𫞽𫞾𫞿
2B7C0𫟀𫟁𫟂𫟃𫟄𫟅𫟆𫟇𫟈𫟉𫟊𫟋𫟌𫟍𫟎𫟏
2B7D0𫟐𫟑𫟒𫟓𫟔𫟕𫟖𫟗𫟘𫟙𫟚𫟛𫟜𫟝𫟞𫟟
2B7E0𫟠𫟡𫟢𫟣𫟤𫟥𫟦𫟧𫟨𫟩𫟪𫟫𫟬𫟭𫟮𫟯
2B7F0𫟰𫟱𫟲𫟳𫟴𫟵𫟶𫟷𫟸𫟹𫟺𫟻𫟼𫟽𫟾𫟿
2B800𫠀𫠁𫠂𫠃𫠄𫠅𫠆𫠇𫠈𫠉𫠊𫠋𫠌𫠍𫠎𫠏
2B810𫠐𫠑𫠒𫠓𫠔𫠕𫠖𫠗𫠘𫠙𫠚𫠛𫠜𫠝𫠞𫠟

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club