通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IEEE 802.11b/g

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイー・はちゼロにーてんいちいち・ビージー
外語:IEEE 802.11b/g 英語
品詞:名詞
2008/04/14 作成
2014/08/04 更新

IEEE 802.11bIEEE 802.11gを一つにまとめた呼びかた。慣用であり、このような名前の規格などが存在するわけではない。

2.4GHz帯の電波(ISM)を使う無線LANは、かつて11bと11gが主に使われており、この双方に対応した場合に「IEEE 802.11b/g」と称された。

IEEE 802.11bは無印の初代IEEE 802.11を含むため、都合3種類の規格の総称となる。

後にIEEE 802.11nが登場したことから、これにも対応したものはIEEE 802.11b/g/nと呼ばれている。

当時、もう一つの主流はIEEE 802.11aで、これにも対応したものはIEEE 802.11a/b/gというが、11aはあまり普及しなかったこともあり、省かれることもある。

速度

各規格の速度は次の通りである。

提供状況

この当時、無線LANの主流はISM帯を使用するIEEE 802.11b/gであったことから、この2種類(無印を含めれば3種類)に対応する製品を使えば、殆ど困ることはなかった。

後にIEEE 802.11nが登場するが、余程の高速通信を使う必要が無い限りは、使用する場面は限られるものと思われる。

例えば、N700系新幹線が提供する車内インターネット接続サービスはIEEE 802.11b/gである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club