通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UPnP

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ユーピーエンピー
外語:UPnP: Universal Plug and Play 英語
品詞:名詞
2006/11/08 更新

Microsoftが提唱し、現在はUPnPフォーラムによって標準化されている、家電でプラグアンドプレイを実現するための技術。

IPネットワークをベースとし、XMLに準拠した情報形式で交信を行なう。

95系ではWindows Me以降、NT系ではWindows XP以降で対応している。

具体的には、DHCPが無い場合でも他と衝突しないIPアドレスを自動で自分に割り振るAutoIP(APIPA)機能のほか、Multicast DNS、SSDP(Simple Service Discovery Protocol)などのプロトコルがある。

対抗ともいえるものにSun Microsystems陣営のHAViJiniが存在するが、HAViはAV機器に特化、JiniはJavaプラットフォームに依存していて汎用性が低く、UPnPのような汎用性と柔軟性を持ってはいない。

UPnP対応アプリケーションの代表はWindows Messengerらしい。

関連するリンク
http://www.upnp.org/
技術の所属
プラグアンドプレイ
関連する用語
IPネットワーク
XML
DHCP
IPアドレス
関連する技術
Microsoft
Windows Messenger
Sun Microsystems
HAVi
Jini

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club