通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

J

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:ジェイ
外語:J ラテン語
品詞:名詞
2009/01/12 作成
2013/08/30 更新

ラテンアルファベット第10字。大文字J、小文字j。ギリシャアルファベットに対応する文字はない。

古典ラテン語には存在せず、俗ラテン語の時代から登場した。

JはIの異体字だった。Iが複数並ぶ単語では、最初の母音をI、続く半母音をJと書いていたようである。

俗ラテン語の時代にラテン語は大きく変化し、Jは子音/ʤ/、Iが母音/i/ へと変化した。

用途

音素 /y/ または /dʒ/ を表わす文字として使用される。英語以外では /y/、英語では /dʒ/ で発音されることが多い。

文字の由来はIと同様、ギリシャ文字のΙ/ιに由来するが、Jに直接的に対応するギリシャ文字はない。

呼称

  • ヨット[jɔt] ドイツ語
  • イルンゴ[i lungo] イタリア語 (英語でlong iの意)
  • ジ[dʒi] フランス語
  • ジェイ[dʒei] 英語、日本英語
  • ジェー[dʒeː] 日本英語
  • ヨー[joː] エスペラント

発音記号

  • IPA発音記号jは、Y音 (英語のyouは、juː)

科学

その他

  • トランプでJは、ジャック(11)
  • 日本(Japan)のこと
  • 芸能でJは、ジャニーズ事務所のこと。「J禁」のように使う

電算処理では、次のような符号位置を使う。

J (LATIN CAPITAL LETTER J)
j (LATIN SMALL LETTER J)
J (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER J)
j (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER J)

合字

  • IJ ij ‐ IとJの合字
  • Lj lj ‐ LとJの合字
  • NJ Nj ‐ NとJの合字

ダイアクリティカルマーク

  • Ĵ ĵ ‐ サーカムフレックス
  • ǰ ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ɉ ɉ ‐ ストローク/スラッシュ
  • ʝ ‐ CROSSED-TAIL
  • ɟ ‐ ドットレスJとストローク

その他

  • ʄ ‐ ドットレスJ
  • ȷ ‐ ドットレス小文字J
  • ᴊ ⱼ ‐ 小書き
  • 🄙 ⒥ ‐ 括弧文字
  • Ⓙ ⓙ ‐ 丸文字
  • 🄹 ‐ 囲み文字
  • 🅙 ‐ 反転丸文字
  • 🅹 ‐ 反転囲み文字

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club