通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ATS-SN

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:エイティーエス・エスエヌ
外語:ATS-SN: Automatic Train Stop-Signal New type 英語
品詞:名詞
2000/01/01 作成
2011/07/20 更新

ATS-SJR東日本が改良したもの。JR北海道も使用している。ATS-SNとNは下付で書くのが正式である。

停止信号直下で列車が停止していない場合は、即座に非常ブレーキをかけるように改良した。

また最近では、地上演算式の速度照査機能もついているものがある。ただし東海道本線にはJR東海に乗り入れる関係で、車上演算式の速度照査機能をつけた列車もある。

表示

この装置を搭載した車両には、乗務員室の扉の横に「SN」の表示が、また速度照査機能を搭載した車両には「SN」の表示がある。

ATS-SN 装備車の表記・南武線205系
ATS-SN 装備車の表記・南武線205系

関連

ATS-S改良形は各社で採用しているが、それぞれ独自の開発で呼称も異なる。但し、動作周波数はいずれも同一なため、互換性が確保されている。

いずれもベースはSN型だが、各社の都合に応じた進化を遂げた。

SNに車上演算式の速度照査機能を搭載したものがJR東海のSTである。機能を略して小型化したものがJR西日本のSWで、JR四国のSSとJR九州のSKはSWと同等である。

JR貨物のものは、当初はSNを使っていたが、STの機能に対応しSFとした。

用語の所属
ATS
ATS-S
SN
関連する用語
ブレーキ
速度照査

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club