通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

γ-GTP

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:ガンマー・ジーティーピー
外語:γ-GTP: γ-glutamyl transpeptidase 英語
品詞:名詞
2013/06/21 作成
2014/10/18 更新

γ-グルタミル基を転移する酵素。グルタミルトランスペプチダーゼ。欧米ではGGTやGGTP、γ-GTなどと呼ばれることが多いが、日本ではγ-GTPと呼ぶことが多い。

γ-GTPは、バクテリアから人類に至るまで多くの生物に見られる酵素であり、二つの反応を触媒する。

  • グルタチオンなどのγ-グルタミル化合物のγ-グルタミル結合を加水分解する反応
  • γ-グルタミル化合物のγ-グルタミル基を、他のアミノ酸ペプチドに転移する反応

全身様々な箇所で機能しているが、最も有名なのは肝臓での解毒代謝である。

解毒代謝

反応性に富む親電子性物質(有害物質)とグルタチオンの抱合体は、最終的にはグルタミン酸グリシンが切れることでメルカプツール酸となり、胆汁尿として体外に排泄される。この解毒代謝反応の最初の反応をγ-GTPが触媒する。

他にも、ロイコトリエンC4(LTC4)からγ-グルタミル基を切り離しロイコトリエンD4(LTD4)に変換する酵素の一つでもある。

血中γ-GTP

血中γ-GTPの由来は主に肝臓である。

何らかの理由で肝細胞が破壊された場合や、肝胆道系疾患で胆管の細胞が破壊された場合などで血中γ-GTPレベルが顕著に上昇するため、これらを判断する指標として有効とされる。健康診断血液検査などでも検査の対象となっている。

血中γ-GTPが上昇すること自体は、悪影響はないと考えられる。ただ、血中γ-GTPが上昇する原因となる症状は一般に健康に重大な問題を生じるものであるため、血中γ-GTPが上昇した場合は注意が必要である。

例えば、肝細胞が破壊される肝炎、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝、あるいは胆石や胆管がんなどで胆道が詰まった場合に、よく血中γ-GTPが上昇する。

正常値

血中γ-GTPの正常値は諸説あるが、ある医療機関の基準値では、男性は「79 IU/l以下」、女性は「48 IU/l以下」である。但し、この範囲内でも50 IU/lを超えると軽度の増加として注意が必要とする指標もある。

別の指標では、以下のようになっていた。単位は全て「IU/l」である。

  • 10〜50 ‐ 正常
  • 正常〜100 ‐ 軽度の増加
  • 100〜200 ‐ 中等度の増加

    100IU/lを超えると、殆どの指標では中程度の増加と判断される。

    アルコール性肝障害が多いが、肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性も疑われる。

  • 200〜500 ‐ 高度の増加

    アルコール性肝障害や肝炎、胆道疾患などに伴う肝内胆汁うっ滞が疑われる。

  • 500〜 ‐ 超高度の増加

    急性アルコール性肝障害や肝炎、胆道疾患などに伴う肝内胆汁うっ滞が疑われる。

飲酒に伴う上昇は、節酒あるいは禁酒によって、比較的短期で正常値に戻る。

用語の所属
酵素
関連する用語
健康診断

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club