通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

セフジトレン ピボキシル

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:セフジトレン・ピボキシル
外語:Cefditoren Pivoxil 英語
品詞:名詞
2005/09/20 作成
2011/09/03 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

第二世代セフェム系抗生物質の成分。略号は「CDTR-PI」。

  • 組成式: C25H28N6O7S3
  • 分子量: 620.73
  • 比重: (該当資料なし)
  • 融点: 196℃〜201℃(分解)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 117467-28-4
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 化学名: 2,2-Dimethylpropionyloxymethyl (6R,7R)-7-[(Z)-2-(2-aminothiazol-4-yl)-2-methoxyiminoacetamido]-3-[(Z)-2-(4-methylthiazol-5-yl)ethenyl]-8-oxo-5-thia-1-azabicyclo[4.2.0]oct-2-ene-2-carboxylate

セフジトレン ピボキシル
セフジトレン ピボキシル

誘導体、関連物質の例

  • セフジトレン
  • ピバル酸(ピバリン酸)
  • ピバロイルカルニチン (ピバル酸がカルニチン抱合を受けたもの。尿中排泄物)

作用機序

セフジトレン ピボキシルはプロドラッグ(ドラッグの前駆体)であり、体内で代謝されることで抗菌活性を有するセフジトレンとなる。

セフジトレン(セフェム系抗生物質)の作用機序は、細菌細胞壁の合成阻害である。

各種細菌の細胞壁を作る酵素にあるペニシリン結合蛋白(PBP)に結合することで活性を阻害し、殺菌的に作用する。

セフジトレン自体は殆ど代謝を受けることが無く、主として尿および胆汁中に排泄される。

適応

適応菌種

溶連菌や黄色ブドウ球菌などのグラム陽性菌のほか、大腸菌やインフルエンザ菌(注: インフルエンザウイルスとは異なる)などのグラム陰性菌にも強い抗菌力を発揮し、幅広い抗菌スペクトルを示す抗生物質である。但しβ-ラクタム剤に耐性を示す緑膿菌には効果が無い。

このように何でもかんでも効く抗生物質は、殆どの場合は必要ない。しかし日本ではよく出される。

  • セフジトレンに感性のブドウ球菌
  • 連鎖球菌(レンサ球菌)属
  • 肺炎球菌
  • モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス
  • 大腸菌
  • シトロバクター属
  • クレブシエラ属
  • エンテロバクター属
  • セラチア属
  • プロテウス属
  • モルガネラ・モルガニー
  • プロビデンシア属
  • インフルエンザ菌
  • ペプトストレプトコッカス属
  • バクテロイデス属
  • プレボテラ属
  • アクネ菌

適応症

  • 表在性皮膚感染症
  • 深在性皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • 乳腺炎
  • 肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)
  • 急性気管支炎
  • 肺炎
  • 肺膿瘍
  • 慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎
  • 腎盂腎炎
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • バルトリン腺炎
  • 子宮内感染
  • 子宮付属器炎
  • 眼瞼膿瘍
  • 涙嚢炎
  • 麦粒腫
  • 瞼板腺炎
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 歯周組織炎
  • 歯冠周囲炎
  • 顎炎

用法、用量

成人で、1回100mg(力価)を1日3回、食後に経口投与する。

年齢・症状に応じて適時増減し、重症ないし効果が不十分な場合は200mg(力価)を1日3回、食後に経口投与する

副作用など

頻度が0.1%を超えるもの。

  • 過敏症
    • 発疹 (※症状が現われたときは、直ちに投与を中止)
  • 血液
    • 好酸球増多 (※経過観察を要する)
  • 肝臓
  • 消化器
    • 下痢、軟便、嘔気、胃不快感、腹痛

下痢となるのは抗菌力に伴う腸内細菌の乱れが原因であるが、酷い下痢でなければ心配はない。

重い副作用は滅多に起こらないが、薬品の特性上ごく稀にアナフィラキシーショックをおこす可能性(0.1%〜5%未満)があるので、万一の場合は、必要に応じて使用の中止などの適切な対応が必要である。

規制区分

  • 処方せん医薬品
用語の所属
抗生物質
セフェム系抗生物質
関連する用語
メイアクト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club