通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ホモ・エレクトス

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・動物編 (BBNA)
読み:ホモ・エレクトス
外語:Homo erectus 学名
品詞:名詞
2003/10/16 作成
2012/01/10 更新

支那の北京原人やインドネシアのジャワ原人などが属する代表的な原人の学名。ホモ・ハビリスから進化したと考えられている。

分類

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 動物界 Animalia
  • 門: 脊索動物門 Chordata
  • 亜門: 脊椎動物亜門 Vertebrata
  • 綱: 哺乳綱 Mammalia

    哺乳綱より上の詳細な階層構造は哺乳綱参照

  • 亜綱: 獣亜綱(真獣亜綱) Theria
  • 下綱: 真獣下綱(正獣下綱) Eutheria
  • 上目: 真主齧上目 Euarchontoglires
  • (未階級): 真主獣大目 Euarchonta
  • 目: 霊長目(サル目) Primates
  • 亜目: 真猿亜目 Haplorhini
  • 下目: 狭鼻下目 Catarrhini
  • 上科: ヒト上科 Hominoidea
  • 科: ヒト科 Hominidae
  • 亜科: ヒト亜科 Homininae
  • 族: ヒト族 Hominini
  • 亜族: ヒト亜族 Hominina
  • 属: ホモ属(ヒト属) Homo
  • 種: エレクトス erectus

起源

およそ180〜25万年前に、アフリカ、アジア生存していた。

北京原人シナントロプス・ぺキネンシスが20〜50万年前、ジャワ原人ピテカントロプス・エレクトスが20〜200万年前に生息していたと考えられている。

亜種

次のような亜種が確認されている。

  • ホモ・エレクトス・ペキネンシス(Homo erectus pekinensis) 北京原人

    ホモ属に変更される前は、シナントロプス・ペキネンシス(Sinantropus pekinensis)と呼ばれた

  • ホモ・エレクトス・エレクトス(Homo erectus erectus) ジャワ原人

    ホモ属に変更される前は、ピテカントロプス・エレクトス(Pithecanthropus erectus)と呼ばれた

系統樹

現在考えられている系統樹は次の通りである。

特性

脳容量は1000cc程度とされる。

この後継に、ホモ・フローレシエンシスという小人属がいたとされる。

用語の所属
ホモ属

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club