通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ホモ・サピエンス

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・動物編 (BBNA)
読み:ホモ・サピエンス
外語:Homo sapiens 学名
品詞:名詞
2003/10/16 作成
2012/01/10 更新

人間、つまり我々現代人類の学名。約20万年前に誕生し、現在はほぼ世界中に分布している。

分類

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 動物界 Animalia
  • 門: 脊索動物門 Chordata
  • 亜門: 脊椎動物亜門 Vertebrata
  • 綱: 哺乳綱 Mammalia

    哺乳綱より上の詳細な階層構造は哺乳綱参照

  • 亜綱: 獣亜綱(真獣亜綱) Theria
  • 下綱: 真獣下綱(正獣下綱) Eutheria
  • 上目: 真主齧上目 Euarchontoglires
  • (未階級): 真主獣大目 Euarchonta
  • 目: 霊長目(サル目) Primates
  • 亜目: 真猿亜目 Haplorhini
  • 下目: 狭鼻下目 Catarrhini
  • 上科: ヒト上科 Hominoidea
  • 科: ヒト科 Hominidae
  • 亜科: ヒト亜科 Homininae
  • 族: ヒト族 Hominini
  • 亜族: ヒト亜族 Hominina
  • 属: ホモ属(ヒト属) Homo
  • 種: ヒト sapiens

起源

ホモ・サピエンスの先祖は20〜60万年前頃にいたホモ・ハイデルベルゲンシスとされる。

これと同じ祖先の仲間でクロマニヨンと同時期にいたのがホモ・ネアンデルターレンシス、いわゆるネアンデルタール人と呼ばれる旧人である。

系統樹

現在考えられている系統樹は次の通りである。

特性

体格、脳容量共にホモ・ネアンデルターレンシスの方が優れていたが、対して現生人類に至るサピエンスは前頭葉が発達していてコミュニケーション能力が優れていた。

このためサピエンスの方が僅かにサバイバル能力が優れており、数万年単位の時の流れが両者を峻別した。結果としてサピエンスだけが生き残り、ネアンデルターレンシスは絶滅した。

ホモ・サピエンスの起源についてはアフリカ起源説と多地域進化説とが論争中であるが、ミトコンドリアイブ仮説などから、アフリカ起源説が有力である。

用語の所属
ホモ属
関連する用語
人間
ヒト
ミトコンドリアイブ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club