通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

K75

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ケイななご
外語:K75 英語
品詞:商品名
2004/09/09 更新

アルミニウム配線0.18µmプロセスルール版の、第二世代Athlonのコードネーム。AMDの第7世代x86互換プロセッサーコアで、K7の後継。基本的なスペックはK7と変わらないが、K7より発熱と消費電力を抑え、K7以上に高速動作が可能となった。

K7と同様に9命令が同時投入できるスーパースケーラー構造のプロセッサーで、(正式発表レベルで)世界で最初(2000(平成12)年3月6日)の動作周波数1GHzを実現したx86互換プロセッサーである。Intel Pentium Ⅲの1GHz版発表(3月8日)を狙って、その2日前に現物を搭載した実機を交えて発表が行なわれた。

128Kiバイトの1次キャッシュがコアに内蔵(オンダイ)されている。2次キャッシュもオンダイではないが512Kiバイト以上と大容量が搭載されている。これらはK7と同様。異なるのは2次キャッシュがCPUクロックの2/5〜1/3の速度でしか動作しない点である。

マルチメディア命令はEnhanced 3DNow!に対応。

システムバスにはK7と同様にEV6バスが採用されている。動作クロックは550MHz〜1GHz。

K75の後継コアはThunderbirdである。

所属する技術
K7系
メーカー
AMD
製品名
Athlon
採用技術
Enhanced 3DNow!
関連する技術用語
K7
Thunderbird
Spitfire
Mustang
K6
Pentium Ⅲ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club