通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クラウドコンピューティング

辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:クラウドコンピューティング
外語:cloud computing 英語
品詞:名詞
2008/03/26 作成
2011/06/06 更新

コンピューターによる処理やデータの保持が「インターネットのどこか」で行なわれるようなサービス。略して「クラウド」と言うことが多い。

ユーザーは、何らかの手段(Webブラウザーが一般的だろうが、それに限らない)によりアクセスすることで、そのサービスを利用することができる。

Googleをはじめ、IBMMicrosoftなどが本格的に参入するとみられている。

由来等

この表現になったのは、昔からインターネットを雲のような形で表わしたためだと言われている。

実態は従来通りのクライアントサーバーモデル(C/S)で、斬新的な技術ではなく、従来通りのものを言い換えただけの言葉が、一人歩きしたものである。C/Sからクラウドへと言葉が変わっただけだが、実際にはその間に、eビジネスSaaS、SOA、ASPWeb 2.0、クラウドと、言葉だけが次々と踊ってきている。

この語を誰が発案したのかは定かでないが、いずれにせよ明確な定義がないことから、この語はバズワードである。

クラウドコンピューティングにおいて、収益は広告モデルになると考えられている。

Google

Googleは、Microsoft Windowsへの対抗として、クラウドコンピューティングを前提としたオペレーティングシステム(OS)としてGoogle Chrome OSを開発している。

OSは無料で、Webでの広告収入がビジネスモデルだとする。自身がWebサービスの企業なので、このような結論に至ったのであろう。

WebブラウザーはGoogle Chromeが搭載され、殆どの作業をオンラインで行なう、としている。

但し、このOSを使うと、殆どの作業がGoogleにスパイされることになる。

用語の所属
バズワード
関連する用語
インターネット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club