通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Escキー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:エスケープ・キー
外語:Esc key 英語
品詞:固有名詞
2013/07/09 作成

ファンクションキーの一つ。何らかの回避を行なう際に用いるキー。「Esc」「ESC」「esc」などと書かれたキーをいう。

大抵のキーボードでは左上に存在するキーである。

押すことで、処理を中止したり、取り消したりする用途、すなわちキャンセルの用途が想定されているが、実際にどのように機能するかはソフトウェアの実装に依存する。最近では、特に機能を割り当てていないソフトウェアが多い。

機種ごとの名称

主な動作

オペレーティングシステムなどにもよるが、Escキーは文字コードとしてエスケープコードを発行するよう実装されていることが多く、エスケープシーケンスの入力に使われる。

MS-DOSの時代のテクストエディターやワープロソフトでは、Escキーを押すとモードの切り替えやメニュー表示などをすることが多かった。Escキーでメニュー表示は、一太郎などが代表である。

GUI環境では特にキャンセル用途で使われることが多く、Windowsでは「はい/いいえ」のダイアログでEscキーを押せば「いいえ」を選択したことに等しい。

用途

Windowsでは、Ctrlキー+Escキーは「Windowsキー」を単独で押した場合と同様に機能し、スタートボタンのメニューを表示する。Windowsキーが存在しない古いキーボード対策と思われる。

Windowsでは、Altキー+Escキーは、押すたびにウィンドウを切り換える。Altキー+Tabキーに近いが、押すとすぐに次のウィンドウを表示する点が異なる。

Emacsでは、PC/AT互換機には存在しないMetaキーの代わりとして、ShiftキーやCtrlキーと同様の修飾キーとして使われており、「Metaキーを押しながらx」というキー操作を「Escキーを押してからx」というキー操作で代用している。

用語の所属
キーボード
ファンクションキー
関連する用語
Altキー
Metaキー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club