通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IPP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:アイピーピー
外語:IPP: Internet Printing Protocol 英語
品詞:名詞
2003/08/21 作成
2007/08/03 更新

Printer Working Group(PWG)が策定し、IEEE標準規格となった、インターネット経由でプリンターの制御や印刷を行なうためのプロトコル。一般に631/tcpと631/udpが使われる。

IPP/1.0はRFC 2565〜2569としても標準化され、Windows 98 SE以降及びWindows 2000以降でも標準サポートされている。後継のIPP/1.1はRFC 2910〜2911として標準化されている。

CUPSは印刷プロトコルとしてこのIPPを使用する。IPPは従来のLPDプロトコルと違い、印刷のための指定以外に、用紙サイズや解像度といったプリンターへの指定を扱うことができるほか、プロトコル自体がユーザー認証やアクセス制御、および通信データの暗号化機能を提供している。

  • IPP/1.0
    • RFC 2565 (IPP/1.0 エンコーディングと転送)
    • RFC 2566 (IPP/1.0 モデルとセマンティクス)
    • RFC 2567 (IPPのデザインゴール)
    • RFC 2568 (モデルの構造のための原理とIPP)
    • RFC 2569 (LPDとIPPのプロトコルの間のマッピング)
  • IPP/1.1
    • RFC 2910 (IPP/1.1 エンコーディングと転送)
    • RFC 2911 (IPP/1.1 モデルとセマンティクス)

HTTP

IPPの最大の特徴であり他のプロトコルと異なる点は、HTTP/1.1をベースに設計されている点である。

その点ではWebDAVなどにも似るが、WebDAVと違うのは既存のメソッドをそのまま有効活用する点にある。例えば印刷すべきデータはPOSTメソッドで送信し、またGETメソッドでプリンターの状態を取得する。このように、Webベースでプリンターの状態や印刷が出来るのが特徴となっている。その上で更にユーザー認証や印刷データの暗号化等もサポートしている。

この特徴から、既存のHTTPで使われる技術、つまりファイアウォールプロクシー経由でのプリンター制御が可能である。この点については利点ともいえ、またセキュリティ面で注意が必要な点でもある。

FAX

インターネット経由で遠隔地のプリンターが使えるため、FAX代わりにも利用できる。

関連するリンク
Printer Working Group
用語の所属
通信プロトコル
ウェルノウンポート
関連する用語
CUPS/IPP
プリンター
HTTP
HTTP/1.1
Web
WebDAV

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club