通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MSM6000シリーズ

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エムエスエム・ろくせん・シリーズ
外語:MSM6000 series: Mobile Station Modem 6000 series 英語
品詞:商品名
2005/01/14 作成

CDMA2000 1xあるいはW-CDMA/UMTS準拠の仕様に加え、mp3/MIDI再生機能やMS-Based GPS対応のgpsOneRadioOneなどの機能を組み込んだQUALCOMM製チップセットのシリーズ名。

RadioOneというのは、中間周波数(IF)を介さないダイレクトコンバージョン方式を採用する技術で、小型かつ低消費電力となっている。

MS-Based GPSは、gpsOneの仕様の一つで、サーバー通信は最初の一回のみ行ない、以降は単独でGPS測位を行なうもの。

リシーズにMSM6000、MSM6025、MSM6050MSM6100、MSM6150、MSM6200、MSM6225、MSM6250、MSM6275、MSM6300、MSM6500、MSM6550、MSM6700、MSM6800があり、大きくCDMA2000 1x用、CDMA2000+GSM/GPRS用、W-CDMA/UMTS用に分けられる。

CDMA2000 1x用はMSM6000/MSM6025/MSM6050がバリュー用、MSM6100がマルチメディア用、MSM6150が高度なマルチメディア用である。

CDMA2000+GSM/GPRS用はMSM6300が1x用、MSM6500とMSM6550が1xEV-DO(Rel.0)用、MSM6700が1xEV-DV(Rev.D)用、MSM6800が1xEV-DO(Rev.A)用である。うちMSM6500以前はマルチメディア用、MSM6550以降は高度なマルチメディア用である。

W-CDMA/UMTS用は、MSM6200/MSM6225/MSM6250がGSM/GPRS用、MSM6275/MSM6280がEDGE/HSDPA用で、うちMSM6200がバリュー用、MSM6225/MSM6250がマルチメディア用、MSM6275/MSM6280は高度なマルチメディア用である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club