通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Microsoft Windows Codepage : 51932

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:マイクロソフト・ウィンドウズ・コードページ・ごーいちきゅうさんに
外語:CP51932: Microsoft Windows Codepage : 51932 英語
品詞:固有名詞
2009/01/12 作成
2010/09/18 更新

Microsoft Windowsで使われている、EUC-JPの亜種の一つ。

EUC-JPの符号化方式(CES)を使い、符号化文字集合(CCS)にCP932全文字(重複を除くWindows-31Jの文字)を採用した符号である。

Windowsそのものの実装であり、Internet Explorerなどで使われている。

基本仕様

基本的には8ビットで文字を表現する8ビット符号である。

但し、これによって指示される文字集合は、標準ではなく、Windowsの実装に合わせた独自の文字集合である。

IANA

成瀬ゆいにより、IANAに次の名前で登録された。

特徴

Webサイト等、EUC-JP相当の環境で、Windowsで使われる拡張文字を正しく処理したい場合が、用途として想定される。

Windows内部では、一旦シフトJISに変換してからUnicodeに変換しており、UnicodeからCP51932にする場合はその逆処理をしている。この途中で変換不能な文字があると、それをそのまま残した偽のシフトJIS文字列を内部に作り、これを更にUnicode化するため、他にはない独特の文字化けを起こす。

また、ユーザー定義外字は存在しない。Windowsでこの文字をCP51932として出力しようとすると、ユーザー定義外字(U+E000〜U+E757)がシフトJISの符号(0xF040〜0xF9FC)で出力されてしまうため注意が必要である。

符号化方式(CES)

  • 8ビットISO/IEC 2022 (ISO-2022-JP)

符号化文字集合(CCS)

符号の割り当て

開始状態

開始状態では、次のように指示されている。

開始状態では、次のように呼び出されている。

  • GL ‐ G0
  • GR ‐ G1

符号位置

文字集合CP51932Unicode
1バイト目2バイト目
ASCII0x00〜0x7fU+0000〜U+007F
JIS X 0201 片仮名0x8e0xa1〜0xdfU+FF61〜U+FF91
JIS X 0208-19830xa1〜0xfe0xa1〜0xfe
NEC特殊文字0xad
NEC選定IBM拡張文字0xf9〜0xfc
関連する用語
ISO/IEC 2022
EUC-JP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club