通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

H

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:エイチ
読み:エッチ
外語:H ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2014/08/23 更新

ラテンアルファベット第8字。大文字H、小文字h。ギリシャアルファベットに対応する文字はない。

用途

音素 /h/ を表わす文字として使用される。

現代ギリシャ文字に対応する文字はない。キリル文字のХ/хに対応する。

Hという文字自体は、ギリシャ文字のΗ(エータ)に由来し、これが古代ギリシャ語で音価 [h] を表わしていたことによる。

呼称

  • ハー[haː] ラテン語、ドイツ語など
  • アッシュ[atʃ] フランス語など
  • アッカ[akka] イタリア語など
  • エイチ[eitʃ] 英語
  • エッチ[ettʃi] 日本英語
  • ホー[hoː] エスペラント

科学

通信

情報処理

技術・産業

  • 寸法でHは、高さ(Height)

文化・芸術

  • 音楽でHは、ロ音 (ドレミのシ)、英米式のBに相当
  • 鉛筆でHは、芯の硬度を表わす記号
  • 色の三原色(HSV)のHは、色相(Hue)

運輸・交通

その他

  • 日本のプロ野球でHは、福岡ソフトバンクホークス
  • 「キャー!のび太さんのエッチ!」のHは、変態を語源とする
  • スリーサイズでHは、ヒップ
  • 元号の英表記Hは、平成

電算処理では、次のような符号位置を使う。

H (LATIN CAPITAL LETTER H)
h (LATIN SMALL LETTER H)
H (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER H)
h (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER H)

ダイアクリティカルマーク

  • Ĥ ĥ ‐ サーカムフレックス
  • Ħ ħ ‐ ストローク/スラッシュ
  • Ȟ ȟ ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ɦ ɦ ‐ フック
  • Ḣ ḣ ‐ 上付ドット
  • Ḥ ḥ ‐ 下付ドット
  • Ḧ ḧ ‐ ウムラウト/トレマ
  • Ḩ ḩ ‐ セディーユ
  • Ḫ ḫ ‐ 下付ブレーヴェ
  • ẖ ‐ 下付ライン
  • Ⱨ ⱨ ‐ ディセンダー
  • ꞕ ‐ PALATAL HOOK

その他

  • ʮ ‐ 逆さHとFISHHOOK
  • ʯ ‐ 逆さHとFISHHOOKとTAIL
  • Ɥ ɥ ‐ 回転
  • ʜ ₕ ‐ 小書き
  • ℋ ‐ スクリプト体
  • 🄗 ⒣ ‐ 括弧文字
  • Ⓗ ⓗ ‐ 丸文字
  • Ⱶ ‐ 半分
  • 🄷 ‐ 囲み文字
  • 🅗 ‐ 反転丸文字
  • 🅷 ‐ 反転囲み文字

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club