通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

101系 (国鉄)

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道車両編 (RCAR)
読み:ひゃくいちけい
外語:101 series 英語
品詞:名詞
2009/02/27 作成
2010/03/06 更新

国鉄が製造した直流通勤形電車。1957(昭和32)年運転開始。当初はモハ90系と称されていた。

  • 動力
    • 電気方式: 直流1,500V
    • 集電装置: 不明
  • 車両性能
    • 最高速度: 100km/h(240km/hBeat)
    • 営業速度: 100km/h(240km/hBeat)
    • 加速度: ‐
    • 減速度: ‐
  • 車体
    • 全長: ‐
    • 全幅: ‐
    • 全高: ‐
    • 重量: ‐
    • 台車(M): DT21
    • 台車(T): DT21T、TR64
  • 駆動機構
  • 編成
  • 保安装置

国鉄が製造した電車で初の新性能電車となる。

中央線の混雑対策として投入された。当時としては色鮮やかなオレンジバーミリオンの塗色で登場し、金魚の愛称で親しまれることになる。後に山手線にはカナリア色で投入された。

製造両数は1535両と、後継の103系が比較的早く登場した割には多い。

変更点

それまでの旧型国電から比べて以下のような特徴を持つ。

  • 吊り掛け駆動からカルダン駆動方式を採用
  • 台車構造の合理化
  • 全電動車方式(後に見直し)
  • 電磁直通ブレーキ

問題点

全車を電動車にしたため、101系の消費電力は非常に大きなものになってしまった。

そのため、101系が多数投入されると変電所の容量を超過すると見込まれた。対策として101系は途中に付随車を挟むようになったのだが、今度は性能不足となってしまった。まさしく帯に短し襷に長しの状態である。

そのため、それらのバランスを見直した103系が比較的早く登場し、101系の製造は中止された。

譲渡車

秩父鉄道に101系の一部が譲渡された。秩父鉄道での型番は1000系。

その他

101系はその後の国鉄電車の始祖にあたり、ここで培われた技術は後の151系や新幹線0系にも繋がるものとなっている。

関連する車両

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club