通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:セフカペン・ピボキシル・えんさんえん・すいわぶつ
外語:CFPN-PI: Cefcapene Pivoxil Hydrochloride Hydrate 英語
品詞:名詞
2009/08/20 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

セフェム系抗生物質の一つ。

  • 組成式: C23H29N5O8S2·HCl·H2O
  • 分子量: 622.11
  • 比重: (未確認)
  • 融点: 約135℃(分解)
  • 沸点: (未確認)
  • CAS番号: 147816-24-8
  • ICSC番号: (登録無し)
  • 化学名: 2,2-Dimethylpropanoyloxymethyl (6R,7R)-7-[(2Z)-2-(2-aminothiazol-4-yl)pent-2-enoylamino]-3-carbamoyloxymethyl-8-oxo-5-thia-1-azabicyclo[4.2.0]oct-2-ene-2-carboxylate monohydrochloride monohydrate

セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物
セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物

薬効薬理

効果効能

主要な用途は次のとおり。

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染膀胱炎、腎盂腎炎
  • 尿道炎、子宮頸管炎
  • 胆嚢炎、胆管炎
  • バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎
  • 涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

作用機序

腸管壁のエステラーゼにより加水分解されてセフカペンとなり、抗菌力を示す。

β-ラクタム剤耐性菌の生成する酵素β-ラクタマーゼに安定で、幅広い抗菌スペクトルを示す。

細菌細胞壁生成を妨害して抗菌作用を発揮する。その作用は殺菌的である。

用法、用量

成人で、1回100mg(力価)を1日3回、食後に経口投与する。

年齢・症状に応じて適時増減し、重症ないし効果が不十分な場合は150mg(力価)を1日3回、食後に経口投与する

副作用など

  • 過敏症
    • 発疹 (0.1%〜3%、注意)
    • 蕁麻疹 (0.1%未満、注意)
    • 関節痛 (頻度不明、注意)
  • 血液
    • 好酸球増多 (0.1%〜3%)
    • 顆粒球減少 (0.1%〜3%)
    • 貧血 (0.1%未満)
  • 肝臓
  • 腎臓
    • BUN上昇 (0.1%〜3%)
  • 消化器
    • 下痢 (0.1%〜3%)
    • 腹痛 (0.1%〜3%)
    • 胃不快感 (0.1%〜3%)
    • 胃痛 (0.1%〜3%)
    • 嘔気 (0.1%〜3%)
  • その他
    • CK(CPK)上昇 (0.1%〜3%)

過敏症(発疹、関節痛、紅斑等)が生じた場合は服用を中止すること。

規制区分

  • 処方せん医薬品

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club