通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビタミンB12

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ビタミンビーじゅうに
外語:VB12: Vitamin B12 英語 , 维生素B12 大陸簡体 , 維生素B12 台灣正體 , Vitaminas B12 イタリア語 , Vitamino B12 エスペラント
品詞:名詞
2001/03/23 作成
2012/10/13 更新

かつてビタミンB群に属した物質の一つ。水溶性であるため、かつては水溶性ビタミン

化学名はシアノコバラミン(cyanocobalamin)という。

  • 組成式: C63H88CoN14O14P
  • 分子量: 1355.37
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 68-19-9
  • ICSC番号: (登録なし)

機能

アミノ酸代謝や、蛋白質核酸の生合成に使われる。

コバルトを含んでおり、貧血に効能があるため、「赤いビタミン」とも俗称される。

欠乏症

欠乏すると、悪性貧血、出血性疾患、神経障害、DNA合成異常などを発症する。

吸収にはから分泌される内因子が必要であるため、胃切除などの手術の数年後にビタミンB12不足に陥ることが多い。

含有する食品

レバー、はまぐり、牡蛎、浅蜊、牛肉豚肉などに含有する。

用語の所属
ビタミン
ビタミンB群
12
関連する用語
葉酸
蛋白質

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club