通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:せん
外語:gland 英語 , 支那語(大陸・台湾) , gland/o エスペラント
品詞:名詞
2005/09/14 作成
2013/06/04 更新

体の内外に物質分泌するための器官。

腺は大きく、内分泌腺外分泌腺に分けられる。

汗は汗腺と呼ばれる外分泌腺から分泌される。汗のほか、消化液、唾液などは、それらを作る組織から外に向かって導管と呼ばれる管があり、ここから体外や消化管内などに分泌される。このように導管を使って分泌されるものを外分泌という。

対して内分泌は、導管を用いずに、直接血中や体液中に分泌される。

ちなみに喉の奥などにあるリンパ節は俗に扁桃腺と呼ばれるが、これは実は腺ではない。

人間の腺には、次のようなものがある。

外分泌腺

  • 汗腺 ‐ 汗を分泌する
  • 涙腺 ‐ 涙を分泌する
  • 皮脂腺 ‐ 皮脂を分泌する
  • 唾液腺 ‐ 唾液を分泌する腺の総称
  • ‐ 胃液や粘液を分泌する
    • 噴門腺 ‐ 粘液を分泌する
    • 幽門腺 ‐ 粘液を分泌する
    • 胃腺 ‐ 胃液を分泌する
  • 小腸(腸間膜小腸)
    • 腸陰窩 ‐ 腸液を分泌する (導管がないが、内分泌ではないため外分泌として扱われている)
  • 肝臓胆嚢胆汁を分泌する
  • 前立腺 ‐ 男性のみにあり、精液の一部を分泌する
  • 尿道腺尿道腺液を分泌する
  • 尿道球腺(カウパー腺) ‐ 男性のみにあり、尿道球腺液を分泌する
  • 小前庭腺(スキーン腺) ‐ 女性のみにある。男性の前立腺に対応する
  • 大前庭腺(バルトリン腺) ‐ 女性のみにある。男性の尿道球腺(カウパー腺)に対応する

外分泌腺+内分泌腺

内分泌腺

この他にも様々な内分泌組織が存在している。

「腺」という文字は現在では中文でも用いられている。しかしこれは日本で作られた文字(国字)であり、それが漢字の故郷に逆輸入された文字となる。

大原望著「和製漢字の辞典」によると、以下のようである。

笹原宏之著「国字と位相」によると、「江戸時代後期に蘭医の宇田川榛齋(玄眞。1769-1834年)が訳に用いた造字・造語で自ら使用した文字(著者のいう個人文字)である(中略)1805年『西說醫範提綱釋義』「題言」には次のように記してある。(中略)腎腺(下略)」とある。造字者、造字時期が明らかになっている数少ない国字である。

「腺」は、「働」などと共に中文に逆輸入された数少ない国字の一つである。

該当する器官
内分泌腺
外分泌腺

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club