通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IA-64

辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:アイエイろくじゅうよん
外語:IA-64: Intel Architecture 64 英語
品詞:固有名詞
2000/07/17 作成
2014/11/06 更新

Hewlett-PackardIntelが共同開発したマイクロプロセッサーItanium(Merced)で採用された64ビット命令セット。最大で16Tバイトまでのメモリー空間を利用できる。Intel 64とは異なる。

従来のIntelアーキテクチャー(IA-32)は典型的なCISC仕様の命令セットであり、性能向上が困難である。そのためPentium Pro以降では内部でRISC命令に変換して実行する仕様となった。

このRISC処理部分で投機実行パイプラインスーパースケーラーアウトオブオーダー実行レジスターリネーミング機能]といったRISCプロセッサーの技術が使われ、性能向上を図っている。

IA-64では、この問題を改善すべく一から設計し直された、全く新しいアーキテクチャーだった。

互換性

IA-64は、IA-32とは一切互換性がない全く新規に作られた命令セットである。

そこでItaniumは、IA-32モードとIA-64モードを両方持つことになる。

基本設計

64ビット汎用レジスター128本、82ビットの浮動小数点レジスター128本が用意されており、RISCでもなかなか見られない贅沢な仕様だった。

加えて予め並列に実行できるように実行バイナリを最適化しておくEPICという名の技術が使われる。これによりプロセッサーの演算装置の効率を最大限にし、メモリーアクセスの遅延とパイプラインストール、分岐予測失敗によるペナルティなどをプログラミングの時点で排除し、性能を向上させることが可能となっている。

バンドル

IA-64の命令は128ビット長であり、これをバンドルという。

このバンドル中に41ビット長の命令が3個(3スロット)と5ビットのテンプレート情報が含まれている。つまり1バンドル中に1〜3個の命令を格納でき、また複数のバンドルに跨がっての同時実行も可能である。

終焉

まずライバルだったAlpha陣営筆頭のDECを引き込み、その後SPARC陣営のSun Microsystemsまでをも虜にしたとされている。

しかし、IA-32からIA-64への移行はバイナリ互換性の問題から思うように進まなかった。その隙にAMDAMD64 ISAを発表し多くの賛同を得、この賛同者にはMicrosoftがいた。この結果、Intelが互換メーカーの互換品をIntel 64という形で採用するという前代未聞の出来事が発生することになった。そしてこれをもって、x86系マイクロプロセッサーの64ビット化はAMD64 ISAIntel 64で確定し、IA-64が普及しないことが確定した。

用語の所属
64
Intel
関連する用語
EPIC
VLIW
IA-16
IA-32
AMD64 ISA
Intel 64

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club