通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UZIX

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:ユジックス
外語:UZIX 英語
品詞:固有名詞
2000/12/08 作成
2008/03/12 更新

MSX用のUNIX互換オペレーティングシステム(OS)の名。

UZI

UZIXは、Douglas BraunによりPC/AT互換機用に書かれたUZIを、Archi SchekochikhinとAdriano Camargo Rodrigues da CunhaがMSX用に移植した、MSX用のUNIXである。

UZIは、AT&T UNIXの7th Editionのほぼ全てを含んでおり、ファイル入出力やマウント、ディレクトリ、ユーザーID及びグループID、パイプ、デバイス入出力、更にプロセス制御のためのfork、execve、signal、kill、pause、alarm、waitも完全にサポートされている。

起動可能なプロセス数は最大で31個(計1Miバイトのメモリーを必要とする)、シェルはsh(Bourneシェル)となっており、Cコンパイラー(Hitech-CやMSX-C)の制限を回避するための修正以外には変更は無く、オリジナルのままの機能を有する。

要求ハードウェア

MSXシリーズのCPUは、8ビットマイクロプロセッサーであるZ80またはR800である。

決して速くは無いが、実用速度で動作はする。なお、システム速度はZ80が135dhrystones/s、R800が1099dhrystones/sである。

更に、Z80/R800はアドレスバスが16ビットのため、最大64Kiバイトというメモリーアクセス制限もあるが、MSX2以降に搭載されるメモリーマッパー(MMS)を利用しているため、最大で4Miバイトまでの拡張に対応する。

ファイルシステム

ファイルシステムMS-DOS互換であり、UNIXの形式とはなっていない。

関連するリンク
http://uzix.sourceforge.net/
ソフトウェアの特徴
オペレーティングシステム
UNIX
関連する用語
MSX (総称)
MSX-DOS
MS-DOS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club