通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プライベートIPアドレス

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:プライベート・アイピーアドレス
外語:private IP address 英語
品詞:名詞
1999/01/31 作成
2014/12/04 更新

インターネットに直接接続されないホストに対して自由に割り当てることができるIPアドレス

このIPアドレスを使用して外部と直接通信することはできない。したがって、IPv4の場合は通常NATNATe(IPマスカレード)等の技術を使用して外部と通信する。

また、通信プロトコルごとにゲートウェイ(プロクシーサーバー)を介して通信する手段もある。

これらはイントラネット等で使うためのIPアドレスであって、インターネットのルーティングには決して出してはいけない。通常はルーターによってせき止められる。

IPv4ではRFC 1918IPv6RFC 4291で規定されている。

プライベートIPアドレスの逆引きは、かつてはInterNIC、現在はNSI(Networksolutions)と南カリフォルニア大学が行なっているが、サーバーの負荷を減らすために自組織内でネームサーバーを立ち上げることが望ましい。

IPv4プライベートIPアドレス

次のアドレスは、RFC 1918規定のプライベートIPアドレス(ローカルIPアドレスとも呼ばれる)である。多くの場合、クラスCが用いられる。

クラスA10.x.x.x10/8 prefix
クラスB172.16.0.0〜172.31.255.255172.16/12 prefix
クラスC192.168.x.x192.168/16 prefix

IPv6

IPv6では、「fec0::/16」というサイトローカルユニキャストアドレスと呼ばれるものが一時期提案されていた。これは、「サイト」と呼ばれる範囲内において一意となるIPv6アドレスで、IPv4のプライベートIPアドレスと同様のものである。

しかし、RFC 3879で、早々と廃止(正確には、規格上は存在するが使用は推奨しない)が決定している。

現在は、ユニークローカルユニキャストアドレスがIPv6におけるプライベートIPアドレスとして使用されている。

用語の所属
IPアドレス
関連する用語
NAT
IPマスカレード
グローバルIPアドレス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club