通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MSM8974

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エムエスエム・はちきゅうななよん
外語:MSM8974: Mobile Station Modem 8974 英語
品詞:商品名
2012/10/22 作成
2015/02/17 更新

QUALCOMM製チップセットの一つ。Snapdragon 800に属する。CES2013で搭載タブレット装置やスマートフォンが展示され、その存在が紹介された。

Snapdragonシリーズは、ARMアーキテクチャのCPUをベースとして各種の電力制御やセンサー、通信機能などの周辺機器を統合したSoC製品として製品展開されており、そのうちのMSM8974はMSM8960の後継として登場したハイエンドのチップである。

メインとなるCPU含むプロセッサーは、非対称型マルチプロセッサー(ASMP)である。

2013(平成25)年6月に南鮮で発売されたLTE-Advanced対応版の「Galaxy S4 LTE-A」が、初の搭載製品と考えられている。

後継はMSM8994である。

仕様

  • CPUKrait 400×4コア(最高2GHz〜、L2キャッシュ2Miバイト)
  • メモリーLPDDR3デュアルチャンネル(2×800MHz)、eMMC 4.5
  • GPU ‐ Adreno 330 (500MHz) (QSXGA 1080p)
  • 音声 ‐ Hexagon V5A(QDSP6v5 600MHz)、WCD9320 CODEC、SLIMbus
  • 無線(RF) ‐ WTR1605(LTEなし)またはWTR1605L(LTE対応)
  • モデム ‐ LTE Cat.4、DC-HSPA+ cat.28、EV-DO Rev A/B、UMTS/EGPRS、TD-SCDMA
  • PMIC ‐ PM8941+PM8841
  • 接続性 ‐ WCN3660/WCN3680 WLAN(a/b/g/n/ac)Bluetooth 4.0、FMラジオ Rx/Tx
  • NFC ‐ QCA1990
  • 映像 ‐ 1080p@120fpsデコード、60fps@2×1080pエンコード/デコード、ARM9
  • カメラ ‐ デュアルISP、32MP/15fps、16MP/30fps
  • 画面 ‐ 2560×2048(QSXGA)、HDMI

対応OS

対応する主要なOSは、次の通り。

構成

メインチップ内のプロセッサー構成は、次の通り。

モデム機能

無線周波数ICとして、WTR1605/WTR1605Lのどちらかを用いる。

対応機能

以下全ての機能で、MSM8960にない新機能か、またはMSM8960から性能向上している。

  • GERAN
    • VAMOS ‐ 新対応
  • UMTS
    • 3GPP ‐ Release 8 → 10
    • HSPA+ ‐ Cat 24(42Mbps) → 28
  • LTE
    • Category ‐ Cat 3 → Cat 4 (150/50Mbps)
    • Release ‐ Release 8 → 10
    • Carrier Aggregation ‐ 新対応
    • CSG Support (UMTS Femto) ‐ 新対応
    • eMBMS ‐ 新対応
  • TD-SCDMA
    • TD-SCDMA RAT ‐ 新対応
  • USIM
    • 3GPP ‐ Release 8 → 10
  • IMS

製品

  • パッケージ ‐ 990ピンPNSP
  • 外形寸法 ‐ 15mm×15mm×0.91mm
  • プロセス ‐ 28nm HPm CMOS
  • 半田ボールピッチ ‐ 0.4mm(下面)、0.5mm(上面PoP)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club