通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Snapdragon 410

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:スナップドラゴン・よんひゃくじゅう
外語:Snapdragon 410 英語
品詞:商品名
2014/01/09 作成
2014/09/11 更新

QUALCOMMSoC製品Snapdragonシリーズのうち、メインストリーム市場向けの製品ファミリーの一つ。Snapdragon 400シリーズに属する。

Snapdragonは、ARMアーキテクチャのCPUをベースとして各種の電力制御やセンサー、通信機能などの周辺機器を統合したSoCである。

Snapdragon 410は、次のような仕様となっている。

コンセプト

シリーズ中で、ローエンドの製品である。

CPUは、命令セットアーキテクチャーとして64ビットのARMv8-A(ARMv8)を採用する。

Snapdragon 400と比して410は、メイン画面用の解像度が向上したが、代わりに外部ディスプレイ用の解像度が低下した。

OSは、Androidと、Windows Phoneに対応する。

Snapdragon 400との差

CPUが64ビット化された。Snapdragon 400はKrait 300だったが、Snapdragon 410ではARM Cortex-A53のIPをそのまま用いている。独自でないのは、開発を急いだためと見られている。

GPUは、Snapdragon 400のAdreno 305に対して、Adreno 306となっている。

製品型番

  • 8x16シリーズ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club