通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UIMカード

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:ユーアイエムカード
外語:UIM card 英語
品詞:名詞
2011/10/07 作成
2013/05/09 更新

UIMのうち、ISO/IEC 7816に準拠した接点を持った、カード状のもの。USIMカードなどとも呼ばれる。俗にSIMカードとも。

標準的なサイズのものは、横(長辺)が25mmであり、4つある角の一つが落とされ誤挿入できないようになっている。

接触型ICを採用したクレジットカードと同様の接点が付いており(これがISO/IEC 7816)、内部には小型のCPUなどマイコンとROM/RAMが含まれ、携帯電話機と情報のやり取りをするようになっている。

種類

日本では、NTTドコモソフトバンクモバイルイー・モバイルが採用している。

  • FOMAカード(青・緑・白)/ドコモUIMカード(赤・ピンク)
  • SoftBank 3G USIMカード
  • EM chip

NTTドコモのものは現時点で5つのバージョンがあり、バージョン1から3が「FOMAカード」、バージョン4から5が「ドコモUIMカード」である。バージョン2以降で国際ローミング対応、バージョン4以降がXi対応、バージョン5は更にNFCに対応している。

端子

カードの左側に付けられるが、そのさらに左上をC1とすると、左側がC1からC4、右側はC5からC8である。中央は右上と繋がっているが、これはC5であることが分かる。

  • C1 VCC (5V/3V/1.8V)
  • C2 RST
  • C3 CLK
  • C4 RFU
  • C5 GND
  • C6 VPP
  • C7 I/O
  • C8 RFU

つまり、Lの字になっていて妙に存在感を主張している端子はGNDなのである。

電源はC1に印加され、ClassAが5V、ClassBが3V、ClassCが1.8Vである。近年の主流は、3Vか1.8Vである。

クロック信号は外部からC3に印加される。クロック周波数は1〜10MHzとなっている。

小型化

接点部分の規格は維持したまま、カード全体の小型化を図ったものがある。

通常の大きさのUIMカード(USIMカード)が横25mm×縦15mmなのに対して、miniUICC(micro-SIMともいう)は横15mm×縦12mmと小型化されている。

この小型のminiUICCカードは、AppleのiPadシリーズ、iPhoneシリーズなどで使われている。

用語の所属
UICC
UIM
関連する用語
携帯電話機
miniUICC
micro-SIM
nano-SIM
SIMカード
SIM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club