通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > > 3族 希土類
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > 周期 > 第6周期(55〜86) > ランタノイド(57〜71)
テルビウム
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:テルビウム
外語:Tb: Terbium
品詞:名詞

銀白色の金属元素の一つ。

目次
情報
基本情報

一般情報

原子情報

物理特性
同位体

質量数は、135から171までが確認されており、その中に核異性体も存在する。安定同位体は一つのみ。

同位体核種天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
135Tb 陽子放射134Gd
136Tb β+崩壊136Gd
137Tb β+崩壊137Gd
138Tb β+崩壊138Gd
139Tb β+崩壊139Gd
140Tb β+崩壊140Gd
141Tb β+崩壊141Gd
142Tb β+崩壊142Gd
143Tb β+崩壊143Gd
144Tb β+崩壊144Gd
145Tb β+崩壊145Gd
146Tb β+崩壊146Gd
147Tb β+崩壊147Gd
148Tb β+崩壊148Gd
148mTb   
149Tb β+崩壊149Gd
150Tb β+崩壊150Gd
151Tb β+崩壊151Gd
152Tb β+崩壊152Gd
153Tb2.34日EC崩壊153Gd
β+崩壊153Gd
154Tb β+崩壊154Gd
155Tb5.32日EC崩壊155Gd
156Tb5.35日EC崩壊156Gd
β+崩壊156Gd
156m1Tb1.02日  
156m2Tb5.00時  
157Tb71年EC崩壊157Gd
158Tb180年EC崩壊158Gd
β崩壊158Dy
159Tb100.00%安定核種(中性子数94)
160Tb72.3日β崩壊160Dy
161Tb6.88日β崩壊161Dy
162Tb β崩壊162Dy
163Tb β崩壊163Dy
164Tb β崩壊164Dy
165Tb β崩壊165Dy
166Tb β崩壊166Dy
167Tb β崩壊167Dy
168Tb β崩壊168Dy
169Tb β崩壊169Dy
170Tb β崩壊170Dy
171Tb β崩壊171Dy

安定核種に対し、質量数が大きすぎるまたは小さすぎる場合は複雑な崩壊となり、質量数が小さいと陽子放射、大きいと中性子放射が同時に起こることがある。

特徴

ブラウン管(CRT)の蛍光体として使われており、の三色のうち緑色の発生に使われている(なお、赤色ユウロピウム、青色はセリウム)。

X線増感剤や光磁気ディスクの磁性材料に使われている。

ジスプロシウム、テルビウムとの合金は、磁場変化により伸縮をするため、インクジェットプリンターの印字ヘッド材料として使われている。

安全性
危険性
有害性
環境影響
発見

1843(天保14)年、スウェーデンのモサンダーは、イッテルビー村で採取される鉱物ガドリン石より、エルビウムと共に発見した。

具体的にはまず1794(寛政6)年、ヨハン・ガドリン(Johan Gadolin)によりストックホルム近郊のイッテルビー村で採取された鉱物に含まれる元素にイットリアと命名した。しかしこのイットリアは実際には純粋ではなく、その後の研究により、最終的には九種類もの希土類元素が含まれていた。

そしてモサンダーは、イットリアは三つの元素からなることを見出した。そこでイッテルビー村の名を三分割し、それぞれにイットリア、テルビア、エルビアと命名した。そしてそれぞれに、イットリウム(Y)、テルビウム(Tb)、エルビウム(Er)の元素名が与えられたのである。

実際にはこのテルビウムも純粋ではなかった。具体的には、次のように単離されている。

主な化合物
前後の元素

123456789101112131415161718
HHe
LiBeBCNOFNe
NaMgAlSiPSClAr
KCaScTiVCrMnFeCoNiCuZnGaGeAsSeBrKr
RbSrYZrNbMoTcRuRhPdAgCdInSnSbTeIXe
CsBa*HfTaWReOsIrPtAuHgTlPbBiPoAtRn
FrRa**RfDbSgBhHsMtDsRgCnNhFlMcLvTsOg
UueUbnUbu
*LaCePrNdPmSmEuGdTbDyHoErTmYbLu
**AcThPaUNpPuAmCmBkCfEsFmMdNoLr

64 ガドリニウム ‐ 65 テルビウム ‐ 66 ジスプロシウム

リンク
用語の所属
元素
ランタノイド
遷移金属元素
希少金属
TB

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic