通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > > 2族 アルカリ土類金属
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > 周期 > 第6周期(55〜86)
バリウム
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:バリウム
外語:Ba: Barium
品詞:名詞

銀白色の金属元素の一つ。

目次
情報
基本情報

一般情報

原子情報

物理特性
同位体

質量数は、112から153までが確認されており、その中に核異性体も存在する。

安定同位体は七つある。

このうち130Baと132Baは長寿命放射性同位体であり、つまり放射能を持っている。しかし半減期は数十垓年と言われるほど長く、殆ど安定同位体と変わらないため、その放射性は無視できる。

同位体核種天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
112Ba   
113Ba   
114Ba β+崩壊114Cs
115Ba β+崩壊115Cs
116Ba β+崩壊116Cs
117Ba β+崩壊117Cs
118Ba β+崩壊118Cs
119Ba β+崩壊119Cs
120Ba β+崩壊120Cs
121Ba β+崩壊121Cs
122Ba β+崩壊122Cs
123Ba β+崩壊123Cs
124Ba β+崩壊124Cs
125Ba β+崩壊125Cs
126Ba β+崩壊126Cs
127Ba β+崩壊127Cs
128Ba2.43日EC崩壊128Cs
β+崩壊128Cs
129Ba β+崩壊129Cs
130Ba0.106%安定核種(中性子数74)
131Ba11.50日EC崩壊131Cs
131mBa   
132Ba0.101%安定核種(中性子数76)
133Ba10.535年EC崩壊133Cs
133mBa   
134Ba2.417%安定核種(中性子数78)
135Ba6.592%安定核種(中性子数79)
135mBa   
136Ba7.854%安定核種(中性子数80)
137Ba11.232%安定核種(中性子数81)
137mBa2.6分IT崩壊137Ba
138Ba71.698%安定核種(中性子数82)
139Ba β崩壊139La
140Ba12.752日β崩壊140La
141Ba β崩壊141La
142Ba β崩壊142La
143Ba β崩壊143La
144Ba β崩壊144La
145Ba β崩壊145La
146Ba β崩壊146La
147Ba β崩壊147La
148Ba β崩壊148La
149Ba β崩壊149La
150Ba β崩壊150La
151Ba β崩壊151La
152Ba β崩壊152La
153Ba β崩壊153La

安定核種に対し、質量数が大きすぎるまたは小さすぎる場合は複雑な崩壊となり、質量数が小さいと陽子放射、大きいと中性子放射が同時に起こることがある。

特徴

硫酸バリウムは水に難溶であり、またバリウムは原子量が大きいことからX線を通しにくい。この性質を用いて、これがいわゆる「バリウム」として、胃のX線造影剤として使われている。

チタン酸バリウムは比誘電率が約5000と非常に高いため、セラミックコンデンサーの誘電体として用いられている。また、PTCサーミスターにも用いられる。

安全性
危険性
有害性
環境影響
発見

1808(文化5)年にイギリスのハンフリー・デービーによって発見された。

化学名Bariumは、ギリシャ語で「重い」を意味するβαρυ'σ(bary's)から付けられた。

主な化合物
前後の元素

123456789101112131415161718
HHe
LiBeBCNOFNe
NaMgAlSiPSClAr
KCaScTiVCrMnFeCoNiCuZnGaGeAsSeBrKr
RbSrYZrNbMoTcRuRhPdAgCdInSnSbTeIXe
CsBa*HfTaWReOsIrPtAuHgTlPbBiPoAtRn
FrRa**RfDbSgBhHsMtDsRgCnNhFlMcLvTsOg
UueUbnUbu
*LaCePrNdPmSmEuGdTbDyHoErTmYbLu
**AcThPaUNpPuAmCmBkCfEsFmMdNoLr

55 セシウム ‐ 56 バリウム ‐ 57 ランタン

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
元素
典型金属元素
希少金属
BA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic