通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

300系

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道車両編 (RCAR)
読み:さんびゃっけい
外語:Series 300 英語
品詞:固有名詞
2002/02/04 作成
2012/04/07 更新

JR東海およびJR西日本新幹線車両の一つ。東海道・山陽新幹線 第三世代で、初代のぞみ。1991(平成3)年初登場。

主要諸元

  • 動力
    • 電気方式: 交流25,000V(60Hz)
    • 集電装置: 不明
  • 車両性能
    • 最高速度: 285km/h(684km/hBeat)
    • 営業速度: 270km/h(648km/hBeat)
    • 加速度: ‐
    • 減速度: ‐
  • 車体
    • 全長: 26,050mm(先頭車)、25,000mm(中間車)
    • 全幅: 3,380mm
    • 全高: 3,650mm(量産車)、3,600mm(初期の試験車)
    • 重量: ‐
    • 台車(M): ‐
    • 台車(T): ‐
  • 駆動機構
  • 制動機構
  • 編成
    • MT比: 5∶3
    • 10M6T (16両編成)
  • 保安装置

300系新幹線車両
300系新幹線車両

由来

国鉄時代から「スーパーひかり」として計画されていたもので、東海道新幹線で東京駅新大阪駅を2時間30分、最高速度270km/h(648km/hBeat)を実現するために、1990(平成2)年に試作編成が造られた。

当時の最新技術を結集し、VVVFインバーター制御の採用、車体構造の見直しなどの結果、10M6Tで目標が達成され、1991(平成3)年には、米原〜京都で当時の電車による日本最高速度となる、325.7km/h(782km/hBeat)の記録を樹立した。

量産編成

1992(平成4)年から量産編成が作られ始めた。

高速化が主目的の車両のため、100系で採用された2階建てグリーン車は無くなり、低重心、平屋建て車両となった。

登場当初は、走行中の部品落下や振動、乗り心地が悪いといったトラブルが絶えず、「走る棺桶」などと言われたこともあったが、500系700系の開発で生まれた新技術を反映するなどして、そのようなトラブルも減ってきている。

登場時

登場時は「のぞみ」用として投入された。

東京と新大阪間の速度を追及したことから、下りの一番列車「のぞみ301号」が名古屋駅を通過するという、画期的な「名古屋飛ばし」を達成した。

当時はまだローカル駅だった(今でも見た目以外はローカルなのだが)新横浜駅に止まる(なお、当時は新幹線に品川駅はない)のに、あろうことか名古屋駅を通過するということで、あんなド田舎に停まるのに「三大都市の中枢」を通過するとは何事だ!といったような、とんでもない論調での横浜貶しが頻発した。

その上、愛知県知事や名古屋市長などから猛攻撃を受けるなど、一大騒動となったりもした。これは「のぞみ301号」そのものが廃止されるまで続いた模様である。

末期まで

300系の増備が進むにつれ「ひかり」としても走るようになり、やがて「のぞみ」の定期運用は500系700系N700系へと譲り、「ひかり」と「こだま」での活躍が中心となった。

そして2011(平成23)年10月、JR東海はついに、300系の運用を2012(平成24)年春で終了すると発表した。なお、細々と山陽新幹線で余生を送っていた100系も、300系と同じ日に引退した。

最終走行

300系の最終走行は2012(平成24)年3月16日である。実施計画は、JR東海は2011(平成23)年12月21日に、JR西日本は2012(平成24)年1月18日に発表した。300系は同日に最終運転となる。

  • JR東海

    計画では、2012(平成24)年3月16日10:47(@115)東京発、2012(平成24)年3月16日13:23(@224)新大阪着の臨時のぞみ329号が運行された。全車指定席で、予約受付は2012(平成24)年2月16日10:00(@083)から。約1300枚の切符が90秒(104cBeat)で完売したとされる。また、乗客には記念品が配らたとされているが、事前の報道では「何かはお楽しみ」(東京広報室)だとしていた。

    引退当日は東京、新大阪両駅で記念式典が実施され、停車する6駅では、当日2012(平成24)年3月16日08:00(@000)から記念入場券を販売する。2012(平成24)年2月17日からは「ありがとう。」などと記したステッカーを300系車両に貼って運行するとしている。

  • JR西日本

    計画では、2012(平成24)年3月16日10:52(@119)新大阪発、2012(平成24)年3月16日13:28(@227)博多着の臨時便が運行される。全車指定席で、予約受付は2012(平成24)年2月16日10:00(@083)から。席はわずか3分15秒で完売したとされる。また、乗客には記念乗車証を岡山‐広島間の車内で配るとしている。

  • 0系 (東海道・山陽新幹線 第一世代)
  • 100系 (東海道・山陽新幹線 第二世代)
  • 500系
  • 700系 (東海道・山陽新幹線 第四世代)
  • N700系 (東海道・山陽新幹線 第五世代)
  • 800系 (九州新幹線 第一世代)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club