通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

700系

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道車両編 (RCAR)
読み:ななひゃっけい
外語:Series 700 英語
品詞:名詞
2017/01/18 更新

JR東海およびJR西日本新幹線車両の一つ。東海道・山陽新幹線 第四世代で、1999(平成11)年運転開始。

主要諸元

700系新幹線車両
700系新幹線車両

由来

JR東海が、300系置き換え用として製造した。

東海道新幹線の路線内では500系ほどの性能は必要が無いため、そのぶん車両価格を低減させる一方、カスプ型の先頭部や、アクティブサスペンションなどの最新技術をふんだんに盛り込んだ車両となった。

このため、乗り心地や性能上の余力などは300系より格段に向上した。

編成

JR東海では16両編成で、MT比は12M4T編成である。また、東海道系としては初の、床下機器をカバーで覆うボディマウント構造が採用されている。

またJR西日本では、JR東海仕様と合わせた16両編成のほか、山陽新幹線内専用の8両編成で主にアコモデーションを大きく変えた「ひかりレールスター」が存在する。

運用

登場当初は「のぞみ」用として運用された。やがてN700系が登場すると、のぞみは全てN700系へと移行した。

その後は「ひかりレールスター」や、定期「ひかり」、車庫回送を兼ねた「こだま」にも使われ、やがて「ひかり」もN700系に移行したことで「こだま」専用となる。

そしてこの「こだま」もN700系への移行が決まり、700系は2019(令和元)年度に引退することとなった。

関連する車両

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club