通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

グリーゼ581d

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:グリーゼ・ごーはちいち・ディー
外語:Gliese 581 d 英語
品詞:固有名詞
2011/05/19 作成
2014/07/06 更新

赤色矮星グリーゼ581の惑星の一つで、スーパーアース。現時点で、グリーゼ581系で唯一実在すると考えられている惑星である。

基本情報

詳細情報

  • 規模
    • 半径: 地球の約2倍
    • 偏率: (該当資料なし)
    • 体積: (該当資料なし)
    • 質量: 約7地球質量、0.02231MJ
    • 密度: (該当資料なし)
    • 赤道重力: (該当資料なし)
  • 移動速度等
    • 自転周期: (該当資料なし)
    • 赤道傾斜角: (該当資料なし)
    • 公転周期: 66.8(±0.14)地球日
    • 平均軌道速度: (該当資料なし)
  • 公転軌道
    • 長半径: 0.22au
    • 離心率: 0.38(±0.09)
    • 近日点引数(ω): −33(±15)°
  • 表面温度: (該当資料なし)
  • 年齢: (該当資料なし)

主なカタログ番号

  • Gl 581 d
  • GJ 581 d

この惑星は、グリーゼ581系のハビタブルゾーン内にあり、天体上で生命を維持できる可能性があるとされていた。

重力は地球の2倍ほどあるが、生命体を育む温度範囲が維持され、液体状態で存在する可能性があるとされていた。

惑星の直接観測は難しいため全て憶測であったが、後の観測により、生命存在にあまり適していない天体と判明した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club