通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

弗化水素

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・毒物編 (NSUBNP)
読み:フッかすいそ
外語:hydrofluoric acid gas 英語
品詞:名詞
2001/04/02 作成
2012/10/08 更新

弗素水素からなる無機化合物。非常に危険な毒物として知られる。水溶液は弗化水素酸と呼ばれる。

なお、「弗」の字が常用漢字から漏れたため、現在は「フッ化水素」と書くのが正しいとされている。

基本情報

  • 外観: 無色の気体あるいは発煙性の液体で、刺激臭を有する
  • 溶解性:
    • に非常によく溶ける

誘導体、関連物質の例

他のハロゲン化水素と異なり水溶液(HFaq)は弱酸性を示す一方、純粋な弗化水素の液体は超酸の一種であり、特殊な反応に利用できる。

ガラスを溶かしてヘキサフルオロ珪酸(H2SiF6)を作るため、ポリエチレンの容器に入れる。

HFaqが弱酸性なのはHFが水素結合を持つからである。

また、弗化水素が常温で液体なのも、水素結合を持つからである。

人体に付着

水溶液が人体に付着すると、体内に浸透して骨組織を侵す。この時、のたうち回る程の激痛に見舞われる。

カルシウム(Ca)と反応してCaF2(蛍石)になるまで皮膚を侵蝕し組織を破壊する。また血液中のカルシウムイオンも同様に螢石にし、これらが筋肉組織や臓器を破壊、やがて心筋が機能しなくなって心不全で死亡するか、さもなくば低カルシウム血症を起こして死亡する。

治療は殆ど不可能なので、患部の切断によって対応することになろう。しかし体表には何の影響も与えないため付着に気づきにくく、取り扱いには細心の注意を要する。実際に、ゴム手袋にピンホールが開いているなどして弗酸が手に付いたのに気づかずに大変な事になる、という事故がたまに発生する。

補足

大学の研究室にあったりするが、恐いので誰にも使われず放置されている例が多いらしい。一般人には扱えず、知識がある人は使おうとしない物質である。

処分方法は幾つか考えられるが、消石灰(水酸化カルシウム)で中和して蛍石にするのが一般的である。

適用法令

  • 毒物及び劇物取締法(法 別表第一)
  • 化学物質管理促進法(PRTR法)
    • 第1種指定化学物質
  • 水質汚濁防止法/水質汚濁防止法施行令
    • カドミウムその他の人の健康に係る被害を生ずるおそれがある物質「ふつ素及びその化合物
  • 土壌汚染対策法/土壌汚染対策法施行令
    • 特定有害物質「ふっ素及びその化合物」

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: 眼、皮膚、気道に対して腐食性を示す。肺水腫を引き起こす
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)
  • 規制値
    • 一日許容摂取量(ADI): (該当資料なし)
    • 暫定耐用一日摂取量(PTDI): (該当資料なし)
    • 急性参照値(ARfD): (該当資料なし)
    • 暴露許容濃度(TLV): 0.5ppm(TWA) (Fとして)
    • 残留農薬基準: (該当資料なし)
    • PRTR法: 第1種指定化学物質

低カルシウム血を引き起こす。

許容濃度を超えると致死的である。

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club