通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

琥珀酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・脂肪酸編 (NSUBNAF)
読み:コハクさん
外語:succinic acid 英語
品詞:名詞
2007/02/21 作成

有機酸(カルボン酸)のうちジカルボン酸の一つで、炭素数4の直鎖飽和脂肪酸。飽和脂肪族ジカルボン酸。

天然では琥珀、褐炭などに含まれており、琥珀酸の名はここから取られた。

  • 組成式: C4H6O4
  • 構造式: COOH(CH2)2COOH
  • 分子量: 118.09
  • 融点: 185℃〜190℃
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 110-15-6
  • 官報公示整理番号(化審法番号): 2-846

琥珀酸
琥珀酸

常温常圧では白色の結晶性粉末で、臭いはない。

誘導体、関連物質の例

  • 琥珀酸チオキナーゼ(スクシニルCoAシンテターゼ)
  • 琥珀酸デヒドロゲナーゼ
  • 琥珀酸二ナトリウム
  • 琥珀酸シベンゾリン (抗不整脈剤)
  • 琥珀酸スマトリプタン (片頭痛治療剤)
  • 琥珀酸ソリフェナシン (過活動膀胱治療薬)
  • アルギニノ琥珀酸
  • 酒石酸(ジヒドロキシ琥珀酸)
  • メチル琥珀酸

生体内ではTCA回路によって作られている。

風味等

重みのある酸味で、日本酒の主成分である。

琥珀酸が少ないと淡麗(たんれい)な味に、多いと芳醇(ほうじゅん)な味の酒になり、琥珀酸の量は「酸度」として表示がある。

安全性

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)
用語の所属
カルボン酸
脂肪酸
飽和脂肪酸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club