通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LAP

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:エルエイピー
外語:LAP 英語
品詞:名詞
2014/07/06 作成

ペプチドからアミノ酸を遊離させる酵素。ロイシンアミノペプチターゼ。

ペプチドのN末端に作用し、末端のアミノ酸を一つずつ遊離させる酵素。

肝臓腎臓膵臓その他臓器に広く見られる。

機能

LAPは肝臓で胆汁となり、胆汁は胆嚢胆管を経て十二指腸に分泌される。

このため胆管などの胆道系が閉塞して胆汁が鬱滞すると、胆汁成分は肝臓内や胆管内に停滞し、やがて血液中に漏出するため、血中LAPが上昇する。この場合は、γ-GTPGOTGPTも同時に上昇することが多い。

健康診断では、40〜75IU 程度が基準である。

LAPは様々な理由で上昇するが、胆汁鬱滞、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害などが多い。

また妊娠中には胎盤性LAPが血液中に出てくるため、測定することで胎盤機能の検査が可能である。

病気

LAPが上昇したときに疑われる主な病気は次の通り。

  • 肝臓疾患
  • 胆道・膵臓疾患
  • その他
    • 白血病
    • 自己免疫疾患
    • ウイルス感染
用語の所属
酵素
関連する用語
健康診断
γ-GTP
GOT
GPT

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club