通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Presler

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:プレスラー
外語:Presler 英語
品詞:固有名詞
2008/02/29 作成
2010/04/05 更新

IntelIA-32(x86)プロセッサーのうち、Pentium Dの第二世代プロセッサーコアの開発コードネーム。

Pentium 4の第五世代プロセッサーコアCedarMillを、マルチチップモジュール(MCM)パッケージにしたもの。

先代コアSmithfieldは1ダイ2コアだったが、Preslerは2ダイ2コアである。

当初は仮想化機能(VT)が標準搭載だったが、後にこの機能を削った廉価版も投入された。

仕様表

項目特徴
マイクロアーキテクチャーNetBurstマイクロアーキテクチャー
コアのクロック周波数2.66/2.80/3.00/3.20GHz
FSBクロック533/800MHz
最大バス帯域幅 
1次命令キャッシュ実行トレースキャッシュとしてコアに統合
1次データキャッシュ16Kiバイト×2、コアに統合
2次キャッシュ2Miバイト×2、コアに統合
製造プロセスルール65nm
ダイサイズ 
集積トランジスタ数 
動作電圧 

主な対応機能に、次のようなものがある。

次の機能には、対応していない。

プラットフォーム

ステッピング

C-1ステッピング

前のB-1ステッピングと比較し、次のような仕様の変更がある。

  • CPUIDを0F62hから0F64hに変更
  • Enhanced HALT Stateが有効となった
  • Enhanced Intel SpeedStep Technology(EIST)が有効となった
  • Thermal Specificationが68.6℃から62.1℃に変更
  • TDPが130Wから95Wに変更

全ラインナップ

  • VT対応製品
    • 2.80 GHz(920)、3.00 GHz(930)、3.20 GHz(940)、3.40 GHz(950)、3.60 GHz(960)
  • VTなし廉価版
    • 2.80 GHz(915)、3.00 GHz(925)、3.20 GHz(935)、3.40 GHz(945)

後継コアは、Core 2 DuoConroe(コンロー)である。

語源は地名とされるが、どこかは定かではない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01e (14-Jun-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club