通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Linux 2.4.x

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:リヌクス・にーてんよんてんエックス
読み:リナックス・にーてんよんてんエックス
外語:Linux 2.4.x 英語
品詞:商品名
2008/04/18 作成
2015/03/01 更新

Linuxカーネルのうち、バージョン2.4系であるもの。

Linux 2.4.xの後継として登場したバージョンである。

主として2001(平成13)年から2003(平成15)年にかけてリリースされた(サポートは2011(平成23)年まで)バージョンが、Linux 2.4.xである。

後継はLinux 2.6.xである。

Linuxのバージョン番号の更新と、大きな仕様変更とは必ずしも密接な繋がりはない。

ゆえに、バージョン2.4としての基本コンセプト、あるいはバージョン2.2との差、バージョン2.6との差、といったことを一言で表わすことは難しい。

バージョン

一部については不明のため略ししている。

  • Linux 2.4.37.11 (2010(平成22)年12月18日) CVE-2010-3848、CVE-2010-3849、CVE-2010-3850の修正など
  • Linux 2.4.37.10 (2010(平成22)年9月6日) CVE-2010-1173の修正など
  • Linux 2.4.37.9 (2010(平成22)年2月1日)
  • Linux 2.4.37.8 (2010(平成22)年1月31日) CVE-2009-4536の修正など
  • Linux 2.4.37.7 (2009(平成21)年11月7日)
  • Linux 2.4.37.6 (2009(平成21)年9月13日)
  • Linux 2.4.37.5 (2009(平成21)年8月13日)
  • Linux 2.4.37.4 (2009(平成21)年7月26日)
  • Linux 2.4.37.3 (2009(平成21)年7月19日)
  • Linux 2.4.37.2 (2009(平成21)年6月7日)
  • Linux 2.4.37.1 (2009(平成21)年4月19日)
  • Linux 2.4.37 (2008(平成20)年12月2日)
  • Linux 2.4.36 (2008(平成20)年1月1日)
  • Linux 2.4.35 (2007(平成19)年7月26日)
  • Linux 2.4.34.6 (2007(平成19)年7月22日)
  • Linux 2.4.34.5 (2007(平成19)年6月6日) CVE-2007-1353の修正など
  • Linux 2.4.34.4 (2007(平成19)年4月22日)
  • Linux 2.4.34.3 (2007(平成19)年4月22日)
  • Linux 2.4.34.2 (2007(平成19)年3月24日)
  • Linux 2.4.34 (2006(平成18)年12月23日)
  • Linux 2.4.33 (2006(平成18)年8月11日)
  • Linux 2.4.32 (2005(平成17)年11月16日)
  • Linux 2.4.31 (2005(平成17)年5月31日)
  • Linux 2.4.30 (2005(平成17)年4月3日)
  • Linux 2.4.29 (2005(平成17)年1月19日)
  • Linux 2.4.28 (2004(平成16)年11月17日)
  • Linux 2.4.27
  • Linux 2.4.26 (2004(平成16)年4月14日)
  • Linux 2.4.25 (2004(平成16)年2月18日)
  • Linux 2.4.24 (2004(平成16)年1月5日)
  • Linux 2.4.23 (2003(平成15)年11月28日)
  • Linux 2.4.22
  • Linux 2.4.21
  • Linux 2.4.20 (2002(平成14)年11月28日)

  • Linux 2.4.0 (2001(平成13)年1月4日)

詳細

Linux 2.2に対する2.4の強化点は次の通り。

  • USB対応の強化

    キーボードマウスプリンターデジタルカメラスキャナーNICなど、対応するUSBデバイスが増えた。

  • 大容量ファイル対応

    Virtual File System(VFS)の改良により、2Giバイト以上の大きさのファイルが扱えるようになった。

  • システムリソース

    同時に使用可能なプロセス数が、メモリーの利用状況に応じて可変となった。なお、2.2では標準で512、最大4096であった。

    また、メモリーも最大64Giバイトまで対応した。

  • SMPの改良
  • raw I/O デバイスへの対応

    カーネルを経由せず、アプリケーションから直接デバイスにアクセスできる。

  • ReiserFS改良
  • ファイルシステム

    ReiserFS、ext3等のLinux独自のジャーナリングファイルシステムに加え、次のようなものが標準搭載される。

    • UDF (Universal Disk Format)
    • JFFS (Journaling Flash Filesystem)
    • Ramfs
    • NFSv3
  • DRM (Direct Rendering Infrastructure)

    XFree86 4.0.xから対応したハードウェア3Dグラフィックアクセラレーション機能、DRI(Direct Rendering Manager)の、カーネル側機能。

  • LVM (Logical Volume Manager)

    複数のボリュームを、仮想的な一つのボリュームとして扱う機能。

  • 対応プロセッサー

    従来のx86PowerPCAlphaSPARCに加え、次のものが追加された。

用語の所属
Linuxカーネル
関連する用語
Linux
Linux 2.6.x

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club