通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Microsoft Windows CE 2.0

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト・ウィンドウズ・スィーイーにーてんゼロ
外語:Microsoft Windows CE 2.0 英語
品詞:商品名
2000/02/19 作成
2010/01/27 更新

Microsoft Windows CEの第二版。

1997(平成9)年11月のComdex Fallで、Microsoftが正式に発表した携帯情報端末(ハンドヘルドPC)等の(家電)組み込み用途向けハードウェアおよびソフトウェアの規格のこと。

従来のMicrosoft Windows CE 1.0の上位互換で、従来のソフトはそのまま使える。

H/PC(ハンドヘルドPC)用のものは特に「Handheld PC Powered by Microsoft Windows CE Version 2.0」と呼ばれる。これはVer 2.0以降のWindows CEがH/PC以外の分野もサポートするようになったことによる。

機能

大きな拡張点として、1.0でモノクロ4階調だったものが、カラーもしくは16階調グレイスケール対応になった点や、スタートメニューが階層表示対応になったりと、ユーザーインターフェイスがよりWindows 95風になった点が挙げられる。

更に、次のような機能がある。

2.0から動作対象プロセッサーにPowerPCARMi486Pentiumが追加され、また搭載PocketIEがHTML 3.2(フレーム、テーブルなど)とTLSに対応するようになった点なども重要な変更点である。

関連製品

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club