通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Snapdragon 210

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:スナップドラゴン・にひゃくじゅう
外語:Snapdragon 210 英語
品詞:商品名
2014/12/10 作成

QUALCOMMSoC製品Snapdragonシリーズのうち、ローエンドなエントリーモデル向けの製品ファミリー。Snapdragon 200シリーズに属する。

Snapdragonは、ARMアーキテクチャのCPUをベースとして各種の電力制御やセンサー、通信機能などの周辺機器を統合したSoCである。

Snapdragon 210は、次のような仕様となっている。

コンセプト

ローエンド向けでありながら、4G-LTE対応を最大の特徴としている。

Snapdragon 200との差

Snapdragon 200と比して、CPU性能を若干下げる代わりに周辺の機能を向上させた製品のようである。公称で最大1.1GHzとのことだが、1.2GHz製品もあるらしい。

  • CPU ↓ARM Cortex-A7 クアッドコア 最高1.1GHz (200は最高1.2GHz)
  • GPU ↑ Adreno 304 (200は302か203)
  • DSP ? QDSP6 DSP (200はHexagon V50 DSP)
  • USB ‐ USB 2.0 (変化なし)
  • Bluetooth ↑ Bluetooth 4.1対応 (200はBluetooth 4.0)
  • モデム ↑ LTE-Advanced対応 (200はLTE対応なし)
  • 無線LAN ‐ IEEE 802.11n(2.4GHz、1ストリーム) (変化なし)
  • GNSS ‐ IZat Gen8C (変化なし)
  • NFC ‐ 対応 (変化なし)
  • 映像 ↑1080p再生@H.265/HVC対応 (200は720p再生@H.265/HVC)
  • カメラ ‐ 最大8メガピクセル (変化なし)
  • 画面 ‐ 最大720p (変化なし)
  • メモリー ↑LPDDR3対応

製品型番

正式発表はまだないが、Androidのソースから、次の型番の計画があることが分かる。

  • 8x09シリーズ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club