通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
日本文化チャンネル桜二千人委員会

文化用語の基礎知識 ・ 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)


説明:仏教用語

495語の単語があります。

単語簡易説明
13回忌十三回忌
1周忌一周忌
33回忌三十三回忌
3回忌三回忌
7回忌七回忌
愛 (3)十二因縁の第八。渇愛、愛着の感情。
愛敬両親や君主など目上の人に対して愛し敬う...
愛見仏教において愛と見の二つの煩悩のこと。...
愛語施言辞施
挨拶禅宗において禅問答をすること。物言いを...
愛染愛欲に染まること。煩悩。
愛別離苦四苦八苦のうちの一苦。愛する者との別れ...
阿伽陀不死薬とも呼ばれる類の薬で、曰く、一切...
秋の彼岸秋分の日を中日とし、前後3日間の一週間の...
悪逆十悪と五逆。
悪人正機浄土真宗において、阿弥陀仏によって救済...
悪人成仏大乗仏教において、悟りの本質とは善や悪...
阿闍梨仏門における師匠のこと。
阿修羅界修羅道
阿修羅道修羅道
阿僧祇数え切れない程の大きな数のこと。
悪口十悪の一つで、他人の悪口を言うことをい...
阿のく多羅三藐三菩提阿耨多羅三藐三菩提
阿耨多羅三藐三菩堤阿耨多羅三藐三菩提
阿耨多羅三藐三菩提仏教において、これ以上に会得することの...
阿耨多羅三貘三菩提阿耨多羅三藐三菩提
あの世死後の世界のこと。地獄、冥界と呼ばれる...
アヴァローキテーシュヴァラ仏教において哀れみの悟りのこと。観世音...
阿鼻阿鼻地獄
阿鼻叫喚卑劣で悲惨な状態を表わす言葉。仏教にお...
阿鼻地獄仏教における八大地獄の第八で最下層。阿...
阿毘跋到仏教において修行者がある領域にまで達し...
阿毘羅吽欠胎蔵大日如来の真言。それぞれの文字が "...
仏門に入った女のこと。尼僧。
尼寺尼が住む寺のこと。また、キリスト教で、...
阿羅漢果阿羅漢に達した(=果)状態のこと。悟りを得...
行脚修行僧があらゆる所に師を求めて旅するこ...
安居釈迦が存命の頃、僧侶は雨季に外出を控え...
安心仏法において心の安定を得ること。日常語...
安楽安らかで心地よい幸福のこと。仏教ではし...
仏教において思考する心の働きのこと。意...
意安心仏門における異端のこと。
易往簡単に往生できること。浄土宗では阿弥陀...
威儀礼儀を備えた正しい言動のこと。仏教では...
威儀師仏教の諸儀式における進行役の僧侶のこと...
生仏まるで仏であるかのような、高い徳を身に...
易行易行道
易行道仏教で浄土教を指す言葉で、易行と略され...
意識自己の状態を認識する心の状態。
一一孔一毛生相三十二相の第十三で、一つの毛穴に全て一...
一期一会一生に一度限りの機会のこと。
一切皆苦三法印や四法印の一つで、一切はみな苦で...
一切衆生一切(全て)の衆生のこと。
一周忌死後1年目にあたる忌日。またこの日に行な...
五七日死後35日目(34日後)にあたる忌日。またこ...
伊尼延セン相伊泥延セン相
伊尼延膊相伊泥延セン相
伊尼延膝相伊泥延セン相
伊泥延セン相三十二相の第八で、足のふくらはぎが鹿の...
伊泥延膊相伊泥延セン相
囲繞圍繞
圍繞周りを取り囲むこと。囲いめぐらすこと。...
意の三悪十悪のうち、意に関わる三つの悪のこと。...
印相
印可仏教において師が弟子の悟りを認めること...
因果原因と結果のこと。
因果応報人の行ないの善悪に応じ、それに相応しい...
因果業報因果応報
因果律すべての事象には原因が存在するという考...
印相仏や菩薩の仏性を象徴する印のこと。
因縁仏教において物事の原因となる因果と、物...
十二因縁の第十。人生、そして憂悲・苦悩...
雨安居雨季のこと。釈迦存命の頃には、僧侶たち...
雨華瑞此土六瑞の第三で、華(花)が雨(ふ)ること...
卯月八日釈迦降誕の日。
優婆夷女の在家仏教信者のこと。五戒を守ると決...
優婆塞男の在家仏教信者のこと。五戒を守ると決...
盂蘭盆会父母や祖霊を供養する、仏教における祖霊...
雲水 (1)流れる雲や水のように自由で執着心が無い...
雲水 (2)師を求めて各地を歩き行脚する禅僧のこと...
心の働きのこと。
回向 (1)廻転趣向。仏門において自分が修めた功徳...
回向 (2)声明曲の一種。回向が世界へ広がることを...
廻向回向 (1)
衣帯仏門における儀礼の服装のこと。
悦可喜ばせること。
会奉行仏教における法界の事務統括者のこと。行...
絵仏師平安時代の仏教芸術画家のこと。
壊乱秩序・風俗などが崩れ、乱れ、酷い状態に...
壊亂壊乱
衣領樹三途の川の川岸に立つとされる木の名。
縁起仏教における因縁の原理のことで、正しく...
円教大乗仏教における完全な教えのこと。
縁日仏教における霊験あらたかな礼拝の日のこ...
閻浮提仏教的世界観(古代インドの世界観)におけ...
応供仏に対する尊称の一つ。阿羅漢ともいう。...
往生死をむかえあの世に往くこと。
往生極楽極楽往生
応身三身の一つで、人の願いに応じて現われる...
応身の釈迦ものごとの因果による法身の釈迦に対し、...
王法仏法と並立して守られるべき、王の定めた...
御会式日蓮宗において日蓮の忌日である10月13日...
送り火盂蘭盆会の後に先祖の霊を送り出すための...
和尚弟子に親しく教える師匠。天台宗では「か...
お題目題目
踊念仏南無阿弥陀仏の六字名号に節をつけて唱え...
お盆先祖や亡くなった人達が成仏してくれるよ...
遠忌五十年忌、百年忌などのように、没後に長...
怨憎会苦四苦八苦のうちの一苦。怨み憎む者と会う...
陰蔵相三十二相の第十。馬陰蔵相ともいい、馬の...
開静起床すること。
戒名仏教に帰依した者に与えられる名前のこと...
餓鬼仏教の第二界である餓鬼道の住人。貪欲が...
餓鬼界餓鬼道
餓鬼道六道の一つで、仏教の第二界。餓鬼が住む...
学無学学はまだ学ぶことが残っている修行者のこ...
潅仏会灌仏会
灌仏会降誕会の別名の一つで、釈迦の生誕を記念...
綺語十悪の一つで、奇麗事を言って誤魔化すこ...
忌中親族に死者が出た時に、不浄を忌み、亡き...
忌日ある人が死んだ日。命日。
忌日法要親族が亡くなった後、七日ごとに執り行な...
忌服近親者が亡くなった時に、一定期間、喪に...
帰命南無。梵語(サンスクリット語)のnamas(ナ...
行 (修行)修行
行 (十二因縁)十二因縁の第二。本能的、潜在的な行為の...
叫喚地獄仏教における八大地獄の第四。生前、殺生...
教皇ローマ・カトリック教会における最高位の...
行者仏道・修験道を修行する修行者や山伏のこ...
教菩薩法菩薩の道の行じかたを教える法。
空 (仏教)万物は十二因縁によって生じる、実体のな...
恭敬慎み敬うこと。
苦諦四諦の第一。人間の存在はそれ自体が苦で...
愚痴愚癡
愚癡十悪の一つで、恨んだり妬んだりすること...
口の四悪十悪のうち、口に関わる四つの悪のこと。...
功徳仏教において、現世や来世に幸福をもたら...
求不得苦四苦八苦のうちの一苦。求めても得られな...
九品浄土三部経の一つ観無量寿経で説かれる、...
供養仏や死者の霊に物を供えたり、読経して回...
偈頌
希有他に類のない、珍しいようす。稀なこと。...
偈頌漢文で書かれた法語。偈。
解説妙法蓮華経 第四巻の "法師品第十" で説か...
解脱煩悩の束縛から逃れ、悟りに至る(安らかな...
牙白相三十二相の第二十四で、上下に4本ある犬歯...
肩円好相三十二相の第二十一で、肩が丸く豊かであ...
見四衆得道瑞他土六瑞の第四で、四衆(諸々の出家・在家...
見諸仏瑞他土六瑞の第二で、諸仏の姿が見えたこと...
見諸佛瑞見諸仏瑞
見諸仏涅槃瑞他土六瑞の第六で、諸仏が涅槃に入るとこ...
眼施布施の一つで、無財の七施の第一。慈愛に...
見菩薩修行瑞他土六瑞の第五で、菩薩が菩薩道を行じて...
見六趣瑞他土六瑞の第一で、此土の六瑞が見えたこ...
因果。行為。また、その行為が未来世に苦...
降誕会三仏忌の一つで、釈迦の生誕を記念し、4月...
行年この世で生きた年数のこと。
五蘊盛苦四苦八苦のうちの一苦。五蘊つまり肉体の...
五戒仏道を成ずる者が守らねばならない、五つ...
五逆仏教において、尊い五つのものがらへの反...
黒縄地獄仏教における八大地獄の第二。生前、殺生...
極楽極楽浄土ともいい、阿弥陀仏(阿弥陀如来)...
極楽往生極楽浄土に往き、生まれること。
極楽浄土極楽
牛眼睫相三十二相の第三十で、牛のような長く美し...
五種の法師五種法師
五種法師5種類の法師。妙法蓮華経 第四巻の法師功...
五大要素5つの重要な要素のこと。
五智如来密教において、智を表わす金剛界の五仏。...
この世いま人間などが生きている、この世界のこ...
五輪塔仏教において、主として供養塔や墓石とし...
金色相三十二相の第十四で、全身が金色の輝きを...
言辞施布施の一つで、無財の七施の第三。優しい...
言辭施言辞施
財施布施の一つで、三施の一つ。金品を他人に...
賽の河原三途の川の河原のこと。
細薄皮相三十二相の第十六で、身体の皮が薄いこと...
悟り物事や事情などをはっきりと理解すること...
覚り悟り
悟る悟り
覚る悟り
三界衆生の迷いの世界のこと。
三回忌死後2年目にあたる忌日。またこの日に行な...
懺悔己の犯した罪咎を仏に打ち明け、悔い改め...
三業身業(しんごう)・口業(くごう)・意業(いご...
三十三回忌死後32年目にあたる忌日。またこの日に行...
三十二相仏の三十二相。仏(釈迦)が備えているとさ...
三身大乗仏教における、三種類の仏のありかた...
三途の川霊界と俗界とを隔てると信じられている大...
三世過去と現在と未来、それぞれの世のこと。...
三施布施のうち、財施・法施・無畏施の三種類...
三世実有法体恒有この世界を成立させる全ての要素である法...
三蔵法師三蔵(経蔵・律蔵・論蔵)、すなわち経典・...
讃嘆讃歎
讃歎仏や菩薩などの徳に深く感心し誉め称える...
賛嘆讃歎
三福田仏教において、人が功徳の種を植えるため...
三仏忌釈迦に関する三つの忌日。
三宝仏道の三大要素であり、仏・法・僧を表わ...
三法印仏教の教え(内道)と、そうでない教え(外道...
三昧「正しく置くこと」を意味する梵語(サンス...
三輪空寂三輪清浄
三輪清浄三輪空寂ともいい、布施においては、与え...
命が絶えること。
持戒六波羅蜜の一つで自利の行。仏の戒め、戒...
十二因縁の第三。物事を知り分ける力のこ...
式叉摩那出家した女性の仏教信者で、正式の尼にな...
四苦八苦生老病死を四苦、更に愛別離苦・怨憎会苦...
地獄界地獄道
地獄道六道の一つで、仏教の第一界。この世界に...
獅子頬相三十二相の第二十五で、獅子のように頬が...
四衆仏教教団を構成していた、比丘(びく)・比...
四十九日七七日
四十歯相三十二相の第二十二で、四十の歯があるこ...
歯斉相三十二相の第二十三で、歯並びが良いこと...
四諦4つの諦。苦諦・集諦・滅諦・道諦のこと。...
七処隆満相三十二相の第十七で、身体の七処(両手・両...
実相本当の姿。
集諦四諦の第二。集とは物事の原因のこと。苦...
十方あらゆる方向のこと。
七宝塔七宝とされる宝石で作られた、または飾ら...
死出の山衆生は死後、現世に別れを告げて別の世界...
此土の六瑞此土六瑞
此土六瑞釈迦ありし時で、まだ妙法蓮華経(法華経)...
四法印仏教の教え(内道)と、そうでない教え(外道...
邪淫十悪の一つで、不淫らな異性交遊のことを...
写経経文を書き写すこと。
焦熱地獄仏教における八大地獄の第六。生前、殺生...
折伏日蓮正宗はじめ創価学会など冨士系におけ...
邪見ものの道理を無視する見方のこと。
娑婆仏教の言葉で、この世のこと。娑婆世界と...
娑婆世界娑婆
沙弥出家した男性の仏教信者で、比丘になるま...
沙弥尼出家した女性の仏教信者で、比丘尼になる...
沙門仏門に入り修行する人のこと。
十二因縁の第九。執着心。
十二因縁の第七。感受性が強まり、芽生え...
妙法蓮華経 第四巻の "法師品第十" で説か...
十悪仏教において、してはならないとされる10...
衆喜瑞此土六瑞の第五で、その場にいた諸々の者...
十号仏に対する10種類の尊称のこと。如来の十...
十三回忌死後12年目にあたる忌日。またこの日に行...
住持一寺院の主僧を務めること。および、その...
住職寺の長である僧。住持。
十二因縁人間が苦しむ12の原因のこと。妙法蓮華経...
十万億土死者が行くとされる、非常に遠い世界。極...
修行仏法を身に付けて悟りを開くために努力す...
衆合地獄仏教における八大地獄の第三。生前、殺生...
衆罪衆生の犯す諸々の罪。
受持妙法蓮華経 第四巻の "法師品第十" で説か...
衆生衆多の生。人間を含む全ての生き物のこと...
手足指縵網相三十二相の第五で、手足の指の間に水掻き...
手足柔軟相三十二相の第六で、手足が軟らかいこと。...
出家俗世を捨てて仏の弟子になること。仏門に...
修羅界修羅道
修羅道六道の一つで、仏教の第四界。阿修羅が住...
生 (十二因縁)十二因縁の第十一。生まれること。
生 (四苦)四苦八苦のうちの一苦。生きることは苦で...
小王地方の小国の王。
正見八正道の第一で、自己中心的な見方や偏見...
正語八正道の第三で、正しい物の言い方をする...
正行八正道の第四で、仏道の戒めに適う行動を...
丈光相三十二相の第十五で、四方に一丈の光を放...
調御丈夫仏に対する尊称の一つ。
荘厳身や国土を厳かに飾ること。
荘嚴荘厳
床座施布施の一つで、無財の七施の第六。例え自...
牀座施床座施
正思八正道の第二で、考え方を自己本位に偏ら...
正定八正道の第八で、常に真理に則し正しい状...
正精進八正道の第六で、己の目標や使命を過ぎず...
精進六波羅蜜の一つで自利の行。勤行。
上身如獅子相三十二相の第十九で、上半身があたかも獅...
浄土仏教における、理想の世のこと。仏や菩薩...
成道会三仏忌の一つで、釈迦が悟りを開いた日を...
正等覚正徧知
浄土世界浄土
正念八正道の第七で、心を真理に向けて修行す...
成仏悟りを開き、仏(仏陀)となること。つまり...
正ヘン知正徧知
正偏知正徧知
正徧知仏に対する尊称の一つ。正遍知とも書かれ...
正遍知正徧知
勝法小乗に勝る法である大乗仏教のこと。
正法正しい教法。仏法のこと。
正命八正道の第五で、衣食住その他を正しく求...
正立手摩膝相三十二相の第九で、直立した時に手で膝を...
諸行無常三法印や四法印の一つで、この世の全ては...
書写妙法蓮華経 第四巻の "法師品第十" で説か...
書寫書写
初転法輪釈迦が成仏してから、初めてした説法のこ...
初七日死後7日目(6日後)にあたる忌日。またこの...
諸法無我三法印や四法印の一つで、いかなるもので...
信解信は感情の働き、解は理性の働きのこと。...
身広長等相三十二相の第十一で、身長と腕を広げた長...
真青眼相三十二相の第二十九で、眼が青蓮華のよう...
心施布施の一つで、無財の七施の第五。相手の...
身施布施の一つで、無財の七施の第四。自分の...
人道人間道
瞋恚十悪の一つで、すぐ怒ることをいう。
めでたいことが起こる兆し。
世間解仏に対する尊称の一つ。
世尊仏に対する尊称の一つ。世尊とは、世の中...
殺生十悪の一つで、無意味に他人や衆生の命を...
説破禅問答で、答える側のかけ声。
説法瑞此土六瑞の第一で、釈迦が説法をしたこと...
禅定六波羅蜜の一つで自利の行。落ち着いた精...
善逝仏に対する尊称の一つ。
栴檀白檀。ビャクダン目ビャクダン科の樹木。...
三宝の一つで、仏道を修行する者(比丘、比...
僧伽仏道を修行する者(比丘、比丘尼)の集団、...
十二因縁の第六。觸。感覚器官。
足下安平立相三十二相の第一で、扁平足で、立った時に...
足下二輪相三十二相の第二で、両足の裏に輪形の相の...
足跟広平相三十二相の第四で、足のかかとが広く平ら...
即身成仏生きたままで成仏すること。
足趺高満相三十二相の第七で、足の甲が高く盛り上が...
俗名世間で通用する名前、俗称。
作麼生禅問答で、修行者が師に問いかけるときの...
怎麼生作麼生
大遠忌浄土宗および浄土真宗で、50年ごとに営ま...
大叫喚地獄仏教における八大地獄の第五。生前、殺生...
大直身相三十二相の第二十で、身体が真っ直ぐで大...
大焦熱地獄仏教における八大地獄の第七。生前、殺生...
大衆説法を聴聞するために集まった者達。
大舌相三十二相の第二十七で、舌は巨大で、出せ...
題目書物の題名や研究テーマなどのこと。
題目三唱妙法蓮華経の読経において、読経の始め、...
他土の六瑞他土六瑞
他土六瑞此土六瑞の第六、放光瑞により照らし出さ...
檀那波羅蜜布施
他力阿弥陀如来の本願力(ほんがんりき)のこと...
他力本願浄土真宗の教えで、阿弥陀如来の本願を信...
檀波羅蜜布施
智慧六波羅蜜の一つで自利の行。般若。物事や...
畜生界畜生道
畜生道六道の一つで、仏教の第三界。獣や鳥や虫...
地動瑞此土六瑞の第四で、仏の世界の地面が普く...
中陰人の死後49日間のこと。中有とも。
偸盗十悪の一つで、盗みをすることをいう。
頂髷相頂髻相
頂髻相三十二相の第三十一で、頭の頂が盛り上が...
長指相三十二相の第三で、手の(あるいは手足の)...
鳥葬死体を鳥に食べさせて埋葬する方法。チベ...
追善供養生きている者が、先に亡くなった者のため...
月遅れ旧暦で行なっていた行事を、新暦で一月遅...
月命日その人や動物が亡くなった月日のこと。例...
天部
天界天道
天上天下唯我独尊伝承によると、釈迦つまりゴーダマ・シッ...
天道六道の一つで、仏教の第六界。天人の住む...
天人士天人師
天人師仏に対する尊称の一つ。
天部仏教の八部衆の一つ。単に "天" ともいう...
転輪聖王古代インド神話に描かれる伝説上の王で、...
等活地獄仏教における八大地獄の第一。生前、殺生...
道諦四諦の第四。苦を消滅させるための教え。...
読経(主として仏教の)経文を声を出して読むこ...
功徳
妙法蓮華経 第四巻の "法師品第十" で説か...
得度出家して仏門に入り、戒名・法名を授けら...
得道得仏道。仏道の真理を会得すること。
土葬死体をそのまま、または棺桶に入れたまま...
貪欲十悪の一つで、欲深いことをいう。
七回忌死後6年目にあたる忌日。またこの日に行な...
七字"南無妙法蓮華経" の七字のこと。
七七日死後49日目(48日後)にあたる忌日。またこ...
南無帰依する、帰命する、礼拝する、敬礼する...
南無阿弥陀仏阿弥陀仏(阿弥陀如来)に帰依する、の意。...
南無釈迦牟尼仏釈迦牟尼仏(釈迦如来)に帰依する、の意。...
南無大師遍照金剛大師遍照金剛、つまり弘法大師空海に帰依...
南無妙法蓮華経妙法蓮華経の教えに帰依する、の意。
難行難行道
難行道仏教の一派、浄土教において他の仏教の教...
入定瑞此土六瑞の第二で、三昧に入ること。
入滅釈迦などの高僧や聖者が死ぬこと。
如是我聞仏教経典の始まりによく見られる決まり文...
如來如来
如来仏に対する尊称の一つ。
如来の十号十号
人間界人間道
人間道六道の一つで、仏教の第五界。人間の住む...
忍辱六波羅蜜の一つで自利の行。如何なる困難...
人非人人間と人間でないもの。
涅槃梵語(サンスクリット語)のnirvana(ニルヴ...
涅槃会三仏忌の一つで、釈迦入滅を記念し、法会...
涅槃寂静三法印や四法印の一つで、迷いを除き涅槃...
年忌法要親族が亡くなった後、何年かおきの忌日に...
念仏仏についてを心に思い浮かべ、その名号を...
八大地獄仏教における地獄感では、大きく8つの地獄...
八正道八つの正しい教え(道)のこと。苦を滅する...
般涅槃完全な涅槃のこと。仏の完全な入滅。
花まつり花祭り
花祭り灌仏会(かんぶつえ)の別名。このように呼...
波羅蜜多悟り、完全。
春の彼岸春分の日を中日とし、前後3日間の一週間の...
彼岸悟りの世界や仏の世界。涅槃の別称。
比丘男の出家仏教信者、僧侶のこと。
比丘尼女の出家仏教信者、尼のこと。
白毫相三十二相の第三十二で、仏(釈迦)の眉間に...
百カ日百箇日
百ヶ日百箇日
百箇日死後100日目にあたる忌日。またこの日に行...
四苦八苦のうちの一苦。病気に罹ることは...
福田仏教において、布施する側が功徳という苗...
布施六波羅蜜の一つで利他の行。見返りを求め...
二七日死後14日目(13日後)にあたる忌日。またこ...
仏性生あるものみなが持つ仏としての本性のこ...
仏所護念仏が護り念じていること。それは仏道が正...
佛所護念仏所護念
仏知見正見
佛知見正見
仏道仏の説いた教え。仏教。また、仏の悟りへ...
仏法仏によって解き明かされた真理、教えのこ...
仏門仏陀の説いた法門。
分別広説妙法蓮華経(法華経)の教えをよく理解し、...
放光瑞此土六瑞の第六で、釈迦の眉間の白毫相か...
房舎施布施の一つで、無財の七施の第七。風雨を...
報身三身の一つで、修行と功徳を積んだ仏。
法施布施の一つで、三施の一つ。法を説き他者...
謗法誹謗正法。正しい教法をそしること、また...
法名戒名とほぼ同義で、仏教に帰依した者に与...
法要仏を供養すること。
菩提悟りの結果として得られる智慧。
菩提心悟りを求め悟りへと向かう心。悟りを得た...
法身三身の一つで、真理・法・仏と同義であり...
法身の釈迦妙法蓮華経(法華経)において説かれている...
仏の三身三身
仏の十号十号
本願法蔵菩薩(後の阿弥陀如来)の四十八願のこ...
本願力本願の働き。
梵声相三十二相の第二十八で、梵天のような大き...
煩悩人の心身に宿し、心身を煩わせ悩ますもの...
凡夫只の人、月並みの人のこと。
摩訶曼殊沙華摩訶曼珠沙華
摩訶曼珠沙華大きな曼珠沙華。
摩訶曼荼羅華摩訶曼陀羅華
摩訶曼陀羅華大きな曼陀羅華。摩訶曼荼羅華とも。
曼殊沙華曼珠沙華
曼珠沙華仏教において、天道に咲くとされる想像上...
曼荼羅華曼陀羅華
曼陀羅華天道に咲くとされる想像上の花で、それは...
眉間白毫相白毫相
水掛け仏像や神像に対して水を掛ける儀式。
未曽有未曾有
未曾有未だかつて一度もなかったこと。極めて珍...
味中得上味相三十二相の第二十六で、どのような食べ物...
三七日死後21日目(20日後)にあたる忌日。またこ...
身の三悪十悪のうち、身に関わる三つの悪のこと。...
明行足仏に対する尊称の一つ。
名号阿弥陀仏の名、尊号。
名色十二因縁の第四。魂を宿した人間の心と身...
妙法正しい/真実の/優れた、教え/法、のこと。...
妙法蓮華それは泥中より咲く白い蓮の花のごとく、...
無畏施布施の一つで、三施の一つ。他者の不安や...
無財の七施布施のうち、金品以外のもの。
無上士仏に対する尊称の一つ。
六七日死後42日目(41日後)にあたる忌日。またこ...
無明十二因縁の第一。明るくないことで、智慧...
無量義無限の意義を持った、の意。
冥界洋の東西を問わず、人が死んだ後行くとさ...
冥土冥途
冥途死後、霊魂が旅するという世界。冥土。
冥途の旅死後、霊魂が冥途を旅すること。
命日ある人や動物が亡くなった日。
冥福死後の幸福のこと。また、それを祈り仏事...
馬陰蔵相陰蔵相
滅諦四諦の第三。貪欲より生ずる集諦を捨て去...
滅度涅槃。煩悩を滅却した悟りの世界。
妄語十悪の一つで、嘘をつくことをいう。
毛上向相三十二相の第十二で、体の全ての毛が上を...
喪中喪に服す期間。
聞諸仏説法瑞他土六瑞の第三で、諸仏の説法が聞こえて...
聞諸佛説法瑞聞諸仏説法瑞
遊戯好き放題に暴れ回っている様子。幼稚園な...
四七日死後28日目(27日後)にあたる忌日。またこ...
両腋下隆満相三十二相の第十八で、両脇の下の肉付きが...
両舌十悪の一つで、二枚舌を使うことをいう。...
輪廻衆生は、生まれ、そして死に、また生まれ...
輪廻転生衆生は、死んだらまた次の世に生まれ変わ...
蓮華蓮(ハス)の花のこと。中でもPundarikaとい...
四苦八苦のうちの一苦。老化は苦である。...
老死十二因縁の第十二。老いて死ぬこと。
六字南無阿弥陀仏のこと。
六字名号六字の名号。南無阿弥陀仏のこと。
六処十二因縁の第五。六根。
六情根六根
六道バラモン教や仏教において、一切衆生が転...
六根人の6つの感覚のこと。妙法蓮華経 第六巻...
六根清浄六根(人の6つの感覚)を飾り、清浄にするこ...
六波羅蜜大乗仏教が説く、菩薩の修行における6つの...
六法戒式叉摩那(しきしゃまな)に課せられる修行...
和顔悦色施布施の一つで、無財の七施の第二。いつも...
和顔施和顔悦色施

KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Galilei Version 3.00 (22-Jul-2013)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club