通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

昭和天皇

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:しょうわてんのう
外語:Shōwa tennō 英語 , Emperor Showa 英語
品詞:名
2005/10/23 作成
2012/09/16 更新

第百二十四代天皇陛下。

天皇

情報

  • 御名 ‐ 裕仁(ひろひと)
  • 続柄 ‐ 大正天皇第一皇男子
  • 母神 ‐ 貞明皇后
  • 誕生 ‐ 1901(明治34)年4月29日
  • 称号 ‐ 迪宮(みちのみや) (正確には迪は辶由)
  • お印 ‐ (不明または無し)

血液型AB型Rh(−)だったとされる。

御略歴

関連する時代背景等も含む。

即位まで

大東亜戦争まで

大東亜戦争

  • 1941(昭和16)年12月8日: 真珠湾攻撃(大東亜戦争)、対英米戦の開戦
  • 1945(昭和20)年8月14日: ポツダム宣言受諾(大東亜戦争停戦)につき、二度目の聖断下る
  • 1945(昭和20)年8月14日: 上同日、天皇の玉音盤録音
  • 1945(昭和20)年8月15日12:00(@166): 玉音放送(終戦の詔勅)

停戦後

  • 1946(昭和21)年1月1日: 天皇、神格化否定の詔書を出す。天皇人間宣言とも呼ばれているが、そのような記述は存在しない
  • 1949(昭和24)年9月25日: 天皇、初めて本を刊行する (相模湾産後鰓類図譜、岩波書店)
  • 1967(昭和42)年2月15日: 天皇、初めて自著の本を刊行する (「日本産1新属1新種の記載をともなうカゴメウミヒドラ科のClathrozonidaeのヒドロ虫類の検討」、保育社)
  • 1970(昭和45)年6月24日: 在位1万6619日。年代の確かな天皇の中で在位期間最長を記録
  • 1985(昭和60)年7月13日: 84歳3ヶ月。年代の確かな天皇の中で、最長寿となられた
  • 1986(昭和61)年4月29日: 東京両国国技館で、政府主宰の御在位60年記念式典
  • 1987(昭和62)年9月22日: 歴代天皇として初めての開腹外科手術を受けられる
  • 1988(昭和63)年9月19日: 吐血し、病床に倒れられる
  • 1989(昭和64)年1月7日4時過ぎ: 危篤
  • 1989(昭和64)年1月7日06:33(6日@939): 吹上御所にて崩御あらせられる(十二指腸がん)
  • 1989(平成元)年2月24日: 新宿御苑で大喪の礼

教育

三種の神器、五箇条の御誓文、教育勅語の三者を柱とした帝王学。

崩御の前後

陛下は腸の病を患い、1987(昭和62)年9月22日には歴代天皇としては初めての開腹外科手術を受けられた。しかし翌年1988(昭和63)年9月19日吐血、以後闘病されたが上部消化管(食道十二指腸)からの出血が断続的に発生し、胆道系炎症、閉塞性黄疸を発症、尿毒症を併発された。

1989(昭和64)年1月7日4時過ぎに危篤となり、十二指腸乳頭周囲の腺がん(腫瘍)により1989(昭和64)年1月7日06:33(6日@939)、吹上御所にて身をお隠しとなられた。

この時、パリで開催中の化学兵器禁止国際会議の席上、参加149ヶ国の全員により黙祷が捧げられた。

崩御あらせられた天皇は、在位中の元号より昭和天皇と追号された。

大喪の礼(天皇の葬儀)は翌月、1989(平成元)年2月24日に行なわれた。この日は1989(平成元)年2月17日に交付・施行された「昭和天皇の大喪の礼の行われる日を休日とする法律」(平成元年法律第4号)によって休日となった。

大喪の礼には海外から164ヶ国、EC及び27の国際機関の元首、弔問使節が参列した。

皇居

吹上御所(1961(昭和36)年完成、後の吹上大宮御所)

在位中の元号

父神

父神は大正天皇(嘉仁天皇)、母神は貞明皇后(節子皇后)。

皇后

皇后は、良子(ながこ)。

結婚前は久邇宮家(くにのみや)の良子(ながこ)女王で、崩御後は香淳皇后が追号された。

皇子

皇子は七柱おられる。

  1. 照宮成子内親王
  2. 久宮祐子内親王
  3. 孝宮和子内親王
  4. 順宮厚子内親王
  5. 継宮明仁親王(今上)
  6. 義宮正仁親王(常陸宮)
  7. 清宮貴子内親王

このうち明仁親王が後に天皇に即位する。

昭和天皇(父)大正天皇(祖父)明治天皇(曾祖父)孝明天皇
(曾祖母)中山慶子
(祖母)柳原愛子(曾祖父)柳原光愛
(曾祖母)歌野
(母)九条節子
(貞明皇后)
(祖父)九条道孝(曾祖父)九条尚忠
(曾祖母)唐橋姪子
(祖母)野間幾子(曾祖父)
(曾祖母)

陵墓は武蔵野(みささぎ)

場所は東京都八王子市長房町で、形状は上円下方墳である。大正天皇の陵墓である多摩御陵の東に位置する。

南東に、香淳皇后の陵である香淳皇后武蔵野東武蔵野がある。

最寄り駅は高尾駅(JR中央本線京王高尾線)。

現在は昭和天皇を祀る神社は特にない。

ただし、全ての天皇は宮中三殿の一つ、皇霊殿に祀られている。

神柄(人柄)について

お人柄を語る逸話は幾つがあるが、その一つに薩摩の話がある。

1931(昭和6)年、鹿児島より船で帰京される時、天皇は真っ暗な海に向かい、ひとりで挙手の礼をしていた。

お付きの者は不思議に思ったが、海を見ると遠い薩摩半島の海岸で、陛下をお見送りしていたと思われる住民による篝火の列があった。天皇はそれに向かって答礼をされていたのである。

7柱の皇子

昭和天皇には7柱もの皇子がおられる。この当時は臣民にあっても子沢山が多かったとはいえ、7柱は注目すべき数である。

戦後、殆どの皇族は臣籍降下させられたことから、少なくとも昭和天皇に男子が1柱なくては皇統断絶の危機となる。しかし最初の4柱は女子だった。産まれても産まれても女子だったため、昭和天皇や香淳皇后はさぞかし不安を感じたことと思われる。

一時は臣籍降下した旧宮家からの養子も考えられたとされる。諦めずに7柱も頑張ったのはひとえに、皇室を失くしてはならないという重い責任を果たそうとする結果だったのだろう。

御製

昭和天皇の詠まれたお歌は1万首にもなるとされる。そのうちの幾つかが臣民にも伝わっている。

1928(昭和3)年、即位して最初の歌会始の御製。

山山の色はあらたにみゆれども わがまつりごといかにかあるらむ

国連脱退という波乱の年となった1933(昭和8)年の歌会始の御製。

あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を

(大意)朕は、朝凪の海のように静かで波の立たない世になるように、天地(あめつち)の神に祈っています。

天皇と政治

天皇は、即位早々、軍部の暴走に悩まされた。

大東亜戦争後は日本国憲法の施行により日本国と日本国民統合の象徴となり、国事行事や宮殿で行なわれる様々な式に参加される立場となられた。生前は海洋生物や植物の研究を行ない、多数の著書を残された。

神話上・伝説上の天皇を除き、歴代の中では御年並びに在位期間が最長の天皇である。また歴代天皇として初めて国民に声を聞かせた天皇でもある。

権力の行使

そんな昭和天皇が権力を行使したこと(ご聖断)が二回だけある。

二・二六事件

一つは1936(昭和11)年の二・二六事件の時である。

将校らを反乱軍と名指しして、事件を収束させた。

ポツダム宣言受諾

もう一つは1945(昭和20)年の大東亜戦争停戦の際に内閣にポツダム宣言を受諾させたことである。

御前会議にて陛下は「自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい」というお言葉が発せられた。

ポツダム宣言を受諾できたのは当時の内閣が実質的に機能停止していたからである。二・二六事件の時もそうだが、天皇陛下自体に権限が存在したわけではない。

しかも、いずれも国民のためにやってくれたことである。

戦争と天皇

立憲君主として

天皇は、不本意であっても内閣や軍部の決定は認めるという、国の象徴であり立憲君主という立場を崩さなかった。

昭和天皇は戦争反対派だったものの、内閣の大東亜戦争開戦決定を拒否する権利を持っていなかったために、内閣や軍部の暴走を止められなかった。

昭和天皇の下に結集して「大東亜を解放する戦争」を支持したのは、暴走した内閣や、それを肯定し世論を煽った朝日新聞や、それに乗った当時の国民である。

実際に、それは正しいことではあったが、今も昔も御意などどこにも反映されてはいない。

大東亜戦争の敗戦はラジオ放送(玉音放送)により天皇の声によって告げられた。これは録音の放送だったが、それでも天皇の声を広く国民に放送したのはこれが初めてのことである。「耐へ難きを耐へ、忍び難きを忍び」のフレーズが有名である。

戦争に関する御製

民を思う心は、昭和天皇が詠んだ和歌(御製)にも表われている。

爆撃にたふれゆく民のうへを思ひ戦止めけり身はいかならむとも

(大意)爆撃で亡くなった民を身上を思い、我が身がどうなろううとも戦争を止めた。

身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民をおもひて

(大意)死んでいった民を思って、我が身がどうなろうとも戦争を止めた。

国がらをただ守らんといばら道すすみゆくともいくさとめけり

(大意)国民を守るために、どんな困難な道を進もうとも戦争を止めた。

自分の身はどうなっても、倒れてゆく民のため、戦いを止めたい、と詠んでいる。

しかし天皇は政治に口を出す権限が無かったことから、自分の無力を嘆く句も詠んでいる。

戦をとどめえざりしくちをしさななそぢになる今もなほおもふ

サンフランシスコ講和条約発効により、独立が回復されたことを喜ばれた天皇は、次のような歌を詠んだ。

風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりけり

天皇の戦争責任

開戦は国民が勝手にやったことで、天皇は何も手を出していないし、出せない。

戦争を止めたい天皇の御意を無視し、暴走したのは軍部である。昭和天皇は、敗戦間際、戦争を継続したい軍に暗殺されそうにもなった。また、法律的にも戦争責任は内閣にあった。

にも拘わらず、昭和天皇は停戦後、(本来はあるはずのない)責任を一手に引き受けた。

マッカーサーと天皇

天皇が初めて会見に来た時、マッカーサーは「さっそく命乞いに来たか」と思った。しかし、陛下の口から出た言葉は、彼の想像を遥かに超えたものだった。マッカーサー回想記によると、次の通り。

天皇は「私は、国民が戦争遂行にあたって、政治、軍事両面で行なった全ての決定と行動に対する、全責任を負う者として、私自身をあなたの代表する諸国の裁決に委ねるためにお訪ねした。」と述べた。

つまり、自分の命の処分はお任せするので、日本国民を虐殺しないで欲しいとマッカーサーの前に出頭したわけである。神々しい程のお人好し(お神好し?)であった。

更にマッカーサー回想記には、「私は、大きい感動にゆすぶられた。死を伴うほどの責任、それも私の知り尽くしている諸事実に照らして、明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする。この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までも揺り動かした。私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても、日本の最上の紳士である事を感じ取ったのである。」と記されている。

GHQによる食糧支援が始まってから、昭和天皇は皇室の財産目録を用意し、代価として支払おうとされた。マッカーサーはこれにも痛く感激したが、しかし受け取りを辞退したという。

国民と天皇

敗戦後、国民の最大の関心事は、当然にして天皇陛下である。

かくして、国民からは、天皇を処刑しないで欲しいという血判付きの封書がGHQに殺到した。

本当は日本を占領したかったアメリカであったが、日本人の反感を恐れ天皇を処罰の対象から外した。

昭和天皇は、自分の命で国民を守ろうとしたが、戦後は自分の不甲斐なさを悔いていたとされる。このような昭和天皇の人柄(神柄?)は日本の誇りだった。

戦後の行幸

戦後、昭和天皇は日本各地を行幸されたが、どこへ出かけても予想外の大歓迎を受けた。それだけ天皇と日本国民との絆は固かったのである。

戦後の行幸により日本の復興が進んだと言われている。もし戦後退位していたら、戦後復興の効果も乏しかったとさえ言われる。

退位して那須の御用邸で隠居暮らしでもしていたほうが、昭和天皇にとっても、どれほど楽だったか知れない。しかし昭和天皇は国民が一刻も早く元気を取り戻して明るい未来へと向かえるようにとお考えになっておられたのである。

最終的に本州・四国・九州、のちに北海道(1954(昭和29)年)を行幸した。1987(昭和62)年についに沖縄行幸の予定が組まれたが、この年に腸を患って手術となったため行幸は中止、ついに沖縄へ行くことは叶わなかった。

思はざる病となりぬ沖縄をたづねて果たさむつとめありしを

沖縄行幸は「つとめ」であると御製で詠われた。

病床でご自分の死期を悟られ、「もうだめか。沖縄には行けぬか。」と言われたそうである。

そして沖縄行幸を切望なされながら、昭和天皇の戦後は遂に終わることなく、身を隠されてしまったのである。

123 大正天皇 ‐ 124 昭和天皇 ‐ 125 明仁

関連するリンク
昭和天皇・香淳皇后
用語の所属
神道
天皇
関連する神
明仁
関連する用語
昭和
お隠れになる
崩御
践祚
即位
大東亜戦争

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club