通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

F

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:エフ
外語:F ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2014/08/23 更新

ラテンアルファベット第6字。大文字F、小文字f。古いギリシャアルファベットϜ/ϝに対応する。

用途

音素 /f/ を表わす文字として使用される。

現代ギリシャ文字には対応する文字がない。キリル文字のФ/фに対応する。

呼称

  • エフ[ef] ラテン語、ドイツ語、フランス語、英語、日本英語など
  • エッフェ[effe] イタリア語など
  • フォー[foː] エスペラント

科学

通信

情報処理

  • IntelプロセッサーでFは、Intel 64(EM64T)対応コアを表わす記号

文化・芸術

  • 音楽でFは、ヘ音 (ドレミのファ)
  • 音楽でfは、強弱のフォルテを表わす記号
  • 鉛筆でFは、芯の硬度を表わす記号
  • カメラF値は、絞り値
  • カメラのfは、焦点距離 (例: f=50mm)

運輸・交通

その他

  • 日本のプロ野球でFは、北海道日本ハムファイターズ
  • 性別でFは、女(Female) (男はM=Male)
  • 建物のFは、階数 (1F=1階)

電算処理では、次のような符号位置を使う。

F (LATIN CAPITAL LETTER F)
f (LATIN SMALL LETTER F)
F (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER F)
f (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER F)

ダイアクリティカルマーク

  • Ƒ ƒ ‐ 下付フック
  • ᵮ ‐ ミドルチルダ
  • ᶂ ‐ PALATAL HOOK
  • Ḟ ḟ ‐ 上付ドット
  • Ꞙ ꞙ ‐ ストローク/スラッシュ

その他

  • Ⓕ ⓕ ‐ 丸文字
  • ℱ ‐ SCRIPT CAPITAL F
  • Ⅎ ⅎ ‐ 逆さF
  • 🄕 ⒡ ‐ 括弧文字
  • 🄵 ‐ 囲み文字
  • 🅕 ‐ 反転丸文字
  • 🅵 ‐ 反転囲み文字
  • ꜰ ‐ 小書き文字
  • Ꝼ ꝼ ‐ インシュラー
  • ꟻ ‐ 反転F

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club