通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

東横線

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・関東編 (RGEOT)
読み:とうよこせん
外語:Tokyu Toyoko line 英語
品詞:固有名詞
2001/02/13 作成
2013/04/28 更新

東京急行電鉄の路線の一つ。「東急東横線」とも呼ばれるが、公式には単に「東横線」である。

基本情報

起点・終点

区間

  • 渋谷駅〜横浜駅

沿革

  • 1926(大正15)年2月14日: 丸子多摩川(開通当時)〜神奈川(開通当時)
  • 1927(昭和2)年8月28日: 渋谷〜丸子多摩川(開通当時)
  • 1928(昭和3)年5月18日: 神奈川(開通当時)〜高島町
  • 1932(昭和7)年3月31日: 高島町〜桜木町
  • 2001(平成13)年3月28日: 特急を導入
  • 2004(平成16)年1月31日: 横浜〜桜木町を廃止
  • 2013(平成25)年3月16日: 東横線の渋谷駅が地下化され、副都心線と直通運転を開始、日比谷線との直通運転を終了

状況

列車種別

現行の列車種別は、次の通り。

急行は、名ばかりで停車駅が多いため、俗に「隔駅停車」と蔑称される。このため新たに特急が設定された。

特急

東京メトロ日比谷線への乗り入れなども行なわれてきた(現在は終了)が、各駅停車と急行の二系統での運行が長く続いていた。

田園調布と武蔵小杉の間が複々線になった2001(平成13)年3月28日ダイヤ改正から「特急」が導入された。停車駅は渋谷・自由が丘・武蔵小杉・菊名・横浜。

乗り入れ

項目の有効期限について

この項目は、2019/03/31に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

横浜〜桜木町は2004(平成16)年に廃止されたが、廃止と同時に横浜高速鉄道みなとみらい21線との相互乗り入れを開始した。

2013(平成25)年3月16日からは東横線の渋谷駅ホームも地下に移され、東京メトロ副都心線との直通運転を開始した。これに合わせ、従来8両編成だった東横線は、優等列車から10両編成に延長された。

加えて、2019(平成31)年4月より、相模鉄道との相互直通運転を開始する予定である。

路線名

名称の語源は、東京急行電鉄の前身の一つである「東京横浜電鉄」の路線であったところから。

複々線

現在、次の区間が複々線となっている。

但し、4線あるうちで中の2線は目黒線(と乗り入れ各線)専用のため、東横線として考えた場合は、実質的に全区間で複線であると言える。

当該区間各駅は、目黒線側には可動式ホーム柵が設置されているが、東横線側には設置されていない。

雑学

おおくぼ良太の目蒲線物語によれば、目蒲線の継父。

接続する主な路線

改札をくぐらずに乗り換え可能な路線には(ラチ内)と併記した。

主な橋

(未確認)

主なトンネル

(未確認)

主な峠

はない。

経由する自治体

用語の所属
東京急行電鉄
TY
関連する用語
横浜高速鉄道
隔駅停車
特急

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club