通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

A

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:エイ
外語:A ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2013/08/26 更新

ラテンアルファベット第1字。大文字A、小文字a。ギリシャアルファベットΑ/αに相当。

用途

音素 /a/ を表わす文字として使用される。

ギリシャ文字のΑ/α、キリル文字のА/аに対応する。

呼称

  • アー[aː] ラテン語、ドイツ語、エスペラントなど
  • ア[a] フランス語、イタリア語など
  • エイ[ei] 英語
  • アイ[ai] オーストラリア英語
  • エー[eː] 日本英語

科学

通信

  • DNSAは、IPv4アドレスのレコード
  • 信号形式でAは、アナログ (対抗はD=ディジタル)

情報処理

文化・芸術

  • 音楽でAは、イ音 (ドレミのラ)
  • 音楽でA面は、テープや両面ディスクの面の一つ (A面/B面の片方)
  • のA版は、紙寸法の一つ

運輸・交通

その他

  • トランプでAは、エース(1)
  • Q&AのAは、回答(Answer)
  • 若者の隠語でAは、接吻 (Bは愛撫、Cは交尾、Dは妊娠)

電算処理では、次のような符号位置を使う。

A (LATIN CAPITAL LETTER A)
a (LATIN SMALL LETTER A)
A (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER A)
a (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER A)

合字

  • Æ æ

ダイアクリティカルマーク

  • À à ‐ グレーヴアクセント
  • Á á ‐ アキュートアクセント
  • Â â ‐ サーカムフレックス
  • Ã ã ‐ チルダ
  • Ä ä ‐ ウムラウト/トレマ
  • Å å ‐ 上付リング
  • Ā ā ‐ マクロン
  • Ă ă ‐ ブレーヴェ
  • Ą ą ‐ オゴネク
  • Ǎ ǎ ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ȁ ȁ ‐ ダブルグレーブ
  • Ȃ ȃ ‐ インバーテッドブレーヴェ
  • Ȧ ȧ ‐ 上付ドット
  • Ⱥ ⱥ ‐ ストローク/スラッシュ
  • Ḁ ḁ ‐ 下付リング
  • Ạ ạ ‐ 下付ドット
  • Ả ả ‐ 上付フック
  • ᶏ ‐ RETROFLEX HOOK
  • ẚ ‐ RIGHT HALF RING

ダイアクリティカルマーク×2

  • Ǟ ǟ ‐ マクロンとウムラウト/トレマ
  • Ǡ ǡ ‐ マクロンと上付ドット
  • Ǻ ǻ ‐ アキュートアクセントと上付リング
  • Ấ ấ ‐ サーカムフレックスとアキュートアクセント
  • Ầ ầ ‐ サーカムフレックスとグレーヴアクセント
  • Ẩ ẩ ‐ サーカムフレックスと上付フック
  • Ẫ ẫ ‐ サーカムフレックスとチルダ
  • Ậ ậ ‐ サーカムフレックスと下付ドット
  • Ắ ắ ‐ ブレーヴェとアキュートアクセント
  • Ằ ằ ‐ ブレーヴェとグレーヴアクセント
  • Ẳ ẳ ‐ ブレーヴェと上付フック
  • Ẵ ẵ ‐ ブレーヴェとチルダ
  • Ặ ặ ‐ ブレーヴェと下付ドット

その他

  • ㏟ ‐ a/m
  • Ɐ ɐ ‐ 反転A
  • ᴀ ₐ ‐ SUBSCRIPT
  • Ⓐ ⓐ ‐ 丸文字
  • 🅐 ‐ 反転丸文字
  • 🄰 ‐ 囲み文字
  • 🅰 ‐ 反転囲み文字
  • 🄐 ⒜ ‐ 括弧文字

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club