通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

C

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:スィー
読み:シー
外語:C ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2014/08/23 更新

ラテンアルファベット第3字。大文字C、小文字c。ギリシャアルファベットに対応する文字はない。

用途

言語により様々な音素を表わす文字として使用される。

元々ラテン語では音素 /k/ を表わしたが、後に変化し、ヨーロッパの言語でも様々な使われ方をするようになった。大きくは、英語やスペイン語のように音価 [s] や [θ] を表わす流派と、イタリア語などのように音価 [tf] (チャ/チュ/チョに似た音)を表わす流派とに分かれる。

ギリシャ文字やキリル文字には対応する文字がない。なお、キリル文字のС/сは同形だが別字であり、ラテンアルファベットのS/sに対応する文字である。

呼称

  • ケー[keː] ラテン語など
  • セー[seː] フランス語など
  • ツェー[tʃeː] ドイツ語など
  • スィー[siː] 英語
  • シー[ʃiː] 日本英語
  • ツォー[tʃoː] エスペラント

科学

通信

情報処理

文化・芸術

  • 音楽でCは、ハ音 (ドレミのド)
  • 音楽でCは、4/4拍子を表わす記号。但し、実際には英字のCとは無関係
  • 紙寸法の一つ (C版)
  • 補色の三原色/減色混合法(CMYK)のCは、シアン(青緑色)

運輸・交通

その他

電算処理では、次のような符号位置を使う。

C (LATIN CAPITAL LETTER C)
c (LATIN SMALL LETTER C)
C (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER C)
c (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER C)

ダイアクリティカルマーク

  • Ç ç ‐ セディーユ
  • Ć ć ‐ アキュートアクセント
  • Ĉ ĉ ‐ サーカムフレックス
  • Ċ ċ ‐ 上付ドット
  • Č č ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ƈ ƈ ‐ フック
  • Ȼ ȼ ‐ ストローク/スラッシュ
  • ɕ ‐ CURL
  • ꞔ ‐ PALATAL HOOK

ダイアクリティカルマーク×2

  • Ḉ ḉ ‐ アキュートアクセントとセディーユ

その他

  • ʗ ‐ STRETCHED C
  • ᴄ ‐ 小書き
  • ᶜ ‐ MODIFIER小文字C
  • ᶝ ‐ MODIFIER小文字CとCURL
  • Ꜿ ꜿ ‐ 反転Cと上付ドット
  • Ꞓ ꞓ ‐ バー
  • ↀ ‐ ローマ数字1000
  • ↄ ‐ 反転C
  • ㏆ ‐ C/kg
  • Ⓒ ⓒ ‐ 丸文字
  • 🄫 ‐ 丸イタリック文字
  • 🅒 ‐ 反転丸文字
  • 🄲 ‐ 囲み文字
  • 🄒 ⒞ ‐ 括弧文字

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club